2018年2月24日 (土)

春一番 見っけ!

今日は

小春日和の

優しい日差しが ほっかほか で、嬉しい暖かさ、

陽気に

誘われて 軒先へ出てみると・・・、

bud今年、初めて

オオイヌノフグリを見っけ!

まだ、小さいけれど 春の訪れを告げている!

Img_0050a_r

まだ、本当にちっさい!
Img_0050_r_24

ほら! ねッ! 
私の人指し指先と比較して、ちっさいでしょ!

Img_0051_r

bud春の陽を浴びて「雪割草」も 嬉しそうに花開く・・、
Img_0055_r Img_0056_r Img_0057_r_2

bud先日来、
花開いている「日本水仙八重}も元気に咲きてくれてる・・・、

Img_0052_r

Img_0053_r

budこの花?
何の花だろう!
うっかりすると見過ごしてしまうほど 小さな花です!

Img_0063a_r

Img_0063_r

例によって
私の人指し指先と比較して、ちっさいでしょ!

Img_0064_r_24
【追記】
※花名はタネツケバナの様です
https://matsue-hana.com/hana/tanetukebana.html

今回も、ブログ友達「gardening 2 さん」が 助けてくれました!
kazuyoo60さん、この度も 調べて頂いて有難う御座います、感謝です。

bud玄関先では
「沈丁花」も、その咲く 時の順番を待っています!
Img_0062_r

・・・こうして、少し 少しづつ、春が近寄ってきて

雪が融けて ぴっちゃん! ぽちゃん! 滴になって・・、

ぴちょ ぽちょ ちょろ ちょろ と水が流れ出し

何処からともなく、春の音が聞こえ始めるんだね!

カメラ:S5 IS

2018年2月21日 (水)

満作の花

満作(マンサク)の花!

晩冬から早春にかけて

花を咲かす満作。

bud豊年満作の「満作」とか!

bud春先に “ まんず 咲く  ” から「満作」とか!

色々言われるようですが

実に変わったスタイルの花「満作」です。

Img_0779_r

Img_0780_r

花の大きさは

大人「小指の爪」ほどの大きさぐらい!

まぁ、冬から春への変わり目に咲き始めるお花「満作」かと思います。

こうして

春はだんだん本格的な陽気へと移り行くのでしょう・・・、

カメラ:SX50 HS

2018年2月20日 (火)

梅が咲き出してました!

二十四節気の「雨水」を過ぎても

朝晩は

冷え込むことが・・、

昼間の日差しは小春日和の事もあったり、

かと

思うと 冬に逆戻りの気温だったり

変化の多い季節の中で

散策の途中

梅が一輪二輪

微笑みだしてましたので

証拠写真のつもりで パチリッ!

Img_0084_r

Img_0066_r_2

Img_0074_r

Img_0075_r

Img_0068_r

梅が咲き出すと

いよいよ春への舞台が幕開けの時・・・、

もう少し 先になって

もっと 華やかな 温かな 梅花を撮りたいなと思う!

今回は

まだまだ 冷ややかな空気 のなかで

健気に咲く

梅花に 会えて元気をもらう私です!

カメラ:X・250

2018年2月19日 (月)

雨水

今日(2/19)は

二十四節気の『雨水(ウスイ)』を迎えました!

雨水:
降る雪も、そろそろ雨に変わり始める頃で、三寒四温の季節を感じはじめ、それを繰り返しながら春へと向かい始める頃・・・、

でも、
今年はちょっとその辺が遅れるのかも知れませんね、なにせ寒いので!

Img_0062_r
↑・↓ 写真は数日前に撮りました菜の花です。
Img_0059_r

今年は自分が体調を崩したせいも手伝ってるのか

はやく

暖かくなってほしいと願うばかりです。

暦の上だけだとしても

今日は「雨水」を迎えましたので、

春もそこまで来ているのと思いますし

今朝の日差しは それを応えるように

春の柔らかな日差しになりました。

・・・が、

まだ寒い日、小春日和、を繰り返すのでしょう・・・、

今日は「雨水」です。

カメラ:X・250

2018年2月18日 (日)

河津桜

河津桜

いよいよ

桜の名前を背負って

河津桜が

いち早く

微笑みだしてきました。

Img_0039_r

Img_0035_r Img_0036_r

Img_0045_r


Img_0050_r

季節は「三寒四温」が始まるのも真近いこの頃・・、

今は まだまだ

10%ほどの開花でしょうか

これから

暫く 楽しめそうな気配です “河津桜” !

カメラ:X・250

2018年2月17日 (土)

福寿草

寒い、寒い、寒い

と言いながら

雪国では例年に無い 「どか雪」に生活も脅かされるほど

雪に埋もれる ところも多発してる

大寒波襲来の この冬、

その雪も まだ融けあらぬこの頃ですが・・・、

関東では いち早く

地べた から春を待ち焦がれた

福寿草が

にこ(笑)、にこ(笑)、にこ(笑)

・・・っと、笑顔を見せながら花開き始めました!

Img_0740_r

Img_0734_r

Img_0739_r

ちっちゃな赤ちゃんの手のひらを広げたような

可愛い福寿草は

空に向けた

小さなパラボラアンテナのよう!

可愛いね!“福寿草”。

宇宙からの

春の電波を受けて

花開いたのかもね!“福寿草”。

“福寿草” が目を覚ますと

誰しも

肌で感じることが出来る

春もすぐそこまで来てるような気がする・・・、

この頃になるといつも思い出すのが
♪「早春賦」
春は名のみの 風の寒さや
谷のうぐいす 歌は思えど
時にあらずと 声もたてず~

https://www.youtube.com/watch?v=A5ndbR6otcU

春、私にも春が来ると良いな!

“福寿草” に元気をもらう私です。

カメラ:SX50 HS

2018年2月16日 (金)

蝋梅

既に、少し時期が過ぎてしまったかもしれませんが・・・、

いち早く

春の訪れを予感させてくれる お花、

蝋梅(ろうばい)を

カメラに納めることが出来ましたのでUPです。

Img_0729_r

Img_0728_r

ご承知のように

蝋細工で造ったお花のようなので

蝋梅(ろうばい)と名がついたと聞いています。

軟らかい

良い香りをほのかに漂わせて

春か来ることを

告げるお花 蝋梅、

今年の冬は

とても寒さもきつくて

ついに私もダウン(風邪)して

風邪はそこそこで治ったんですが

ぐずぐず 怠惰感がぬぐえずの日々

気持ちは若い気でいても

体調の回復の遅さには

自分でも驚きです。

自分の歳も考えながらの生活行動でなければ

と、つくづく思うこの頃です。

蝋梅、冬がそろそろ春の気配への頃 咲くお花・・・、

私の好きなお花の一つです。

♪春よこい 早くこい~

カメラ:SX50 HS

2018年2月 9日 (金)

あった! あった!

今、使ってる石油ストーブの灯油タンクの

「給油満タンブザー」が鳴らなくなって久しいのですが、

今までブザーが壊れたかと思ってたんです・・・、

Img_0039_r

しかし、
先日の「デジカメのボタン電池」の件で気が付き

このストーブの給油ブザーも 壊れたのでなく

電池切れではと よくよく見ると

やはり

あった! あった! あった!

ありました “ ボタン電池 ”。

Img_0040_ra
修理するのに
矢印の所のネジ4本外すのかと、
でも
素人の私が緩めて、灯油漏れがおきても困るしと思って
よく 見て見ると
コイン で回せる溝があった黒い丸の部分を発見!
そこを
廻してみると、電池の蓋でして その蓋だけ外れて
中に
ボタン電池が現れましたので・・、
ラッキー !

Img_0042_r

Img_0043_r

早速
新しいボタン電池(今回はとても小さい型でした)と交換!


Img_0046_r

元どうりに戻して終了!
試してみたら
購入時のように
灯油給油が満タン近くで
♪ピピピッ  ♪ピピピッ ♪ピピピッ と鳴りました!
良かった 良かった。
これで
給油溢れることなく
安心給油ができるようになりました!

Img_0047_r

今回、電池交換で上手くいったのと
もう一つ
取り外した「ボタン電池」は液漏れ腐食が始まっていて、
電池ホールド機器近くの腐食は見られましたので
その周辺部を腐食進まないように クリーンにできた事が
大きな収穫です。
拡大解釈すれば、タンクの腐食まで進行すれば
灯油漏れによる火災につながりかねなかったので
腐食電池を交換出来てよかったです。

Img_0048_r
(↑)液漏れでびしょった部分は拭きとりましたが、腐食部分は分かると思います。

bud懐中電灯の電池・・、
budリモコンの電池・・、
などなど
電池の入ってるものは
電池切れで
用をなさなく成れば
電池周囲まで腐食を起こし事故につながりかねないので
電池は外して置く べきを痛感 しました!

お陰様で
給油タンク「♪ピピピッ  ♪ピピピッ ♪ピピピッ 」 が快適な気分です!

カメラ:S5 IS

2018年2月 8日 (木)

鍋敷の板!?

お正月の具材に使った「蒲鉾」。

食べた後

残った板を使って「鍋敷き」にします。

なかには絵板(絵馬)の台木にして楽しんでおられる方もいらっしゃるようですが

私は絵の心得が無いので「鍋敷き」に利用してます。

蒲鉾を食べちゃった後・・・、
1月4日
長しの中に暫く ほったらかしにして
板の芯まで
水分をしみこませます!

Img_0005_r_4

来る日も 来る日も
流し排水溝上部にて
残った具材をぬらしふやかします。
Img_0006_r_4

4日から、
びしょびしょのまま ほっといた「蒲鉾の板」。
1月12日
こびりついた具材(蒲鉾)もゆるゆるになるので
タワシで
ごしごし ごしごし すれば
板を傷めず残った具材が綺麗に落ちます。
Img_0012_r_12

ねッ!
きれいになったでしょ!!

Img_0013_r

綺麗になった
びしょぬれの板を乾燥させます。

風通しの良い所で
ひたすら
乾燥 乾燥 乾燥です。

Img_0014_r
この時期は
いかに 空気が乾燥してるか
どんどん
乾燥する板です。

1月13日
一昼夜で、ほぼ乾燥しますが
板の芯までの乾燥は
もう少し時間を掛けます。

Img_0016_r_13

1月15日
体調をくずしてしまい
暫く 板も
ほっぽりぱなしで
乾燥 乾燥 乾燥です、
この季節は
めちゃ乾燥してるので
板の芯まで水分を含んだ板でも
どんどん
乾燥してくれます。

今回は私の体調のことも手伝って
実に長い時間の乾燥になりましたが・・・、
2月7日
すっかり乾いた板が出来上がりました。
自分のほほに充てても

心地よいほどの仕上がり具合でです・・、Img_0038_r

この様に
残った(板にこびりついた)具材も
ふやかして ふやかして
タワシでごしごし して落とし
乾燥させると
板そのものには
生臭さも、蒲鉾の匂いも
全く 皆無の
純真無垢の綺麗な板に生まれ変わるんですよ!

絵の心得のある御仁は「絵」を書かれると
素敵な
絵馬(?)ができるのと思いますが、
当初述べたように
私は「鍋敷き」とか「半田ごての置台」とか、「彫刻するときの受け台」とかに
利用しています。

ご処置のように
「蒲鉾の板」はとても美しい正目(
マサメ)の板を使ってますので
捨てちゃうのは
もったいないと思います。

カメラ:S5 IS

2018年2月 7日 (水)

春サザンカが咲き出しました!

当地で

一番 日の短い冬至の頃は

夕刻4時20分過ぎには日の入りでしたが・・・、

今日は

夕刻5時16分の日の入りです。

もう1時間近く陽が伸びてきてるんですね、

それだけ日差しも輝きも増してきてるのかなと思っています。

そんな

天候のなか、我が家の「春サザンカ」が咲き出しました。

Img_0688_r

まだまだ朝晩は冷え込ますし、寒さも強いですが・・、

この花が咲き出すと

いよいよ

春の香りも感じ出します。

この

苺ミルク色の 「春サザンカ」を

小春日和の日差しにつつまれながら

観ていると

ほっとする気分です。

ちなみに

「沙羅(夏椿)」も

そろそろ目を覚まし新芽が出始めたこの頃です・・、

Img_0678_r

何処とはなく

春の息吹を見る思いで

今日は

何だか嬉しさを感じる日です。

カメラ:SX50 HS

«コンデジ不調