2020年7月 5日 (日)

榛名神社

前回の
榛名湖にて、小休止してから
もう一息 頑張って
榛名神社まで足を延ばしました。

気楽に
思ってのですが
山間部のアップダウン山道を
右に左に
20分ほど走らせると
神社の鳥居いがあって近くの駐車場に・・、
Img_1768_r
大きな鳥居はあったけど
参道らしきものが無く
近くの人家(鳥居左手の家)の御仁に尋ねると
山奥の方向を指さし教えてくれた!
下図、青が車道でそこあらら茶色道を山の中へ・・、
Img_1769_r 
赤鳥居から急な坂道を
息せききって
暫く歩くと
神社石塔と鳥居・・、
もう
ここまでで ばてな 私。
Img_1687_r
でも、
せっかく来たんだからと
気を取り直して奥へと・・、
Img_1689_r
苔むす石垣の右手下のは
清流が せせらぎ音をたてて流れる・・、
Img_1690_r
行けども行けども
昇り道の参道、
杉林の森林浴を浴びながら汗だくの私・・・、
Img_1693_r 

もう膝がガクガクだけど
長い
石階段をのぼると(↓)・・、
Img_1694_r
その先には
また
鳥居がありました!
鳥居を抜けると
大きな岩肌の岸壁を
中吊りの木道をこわごわ歩きぬける・・・

Img_1695_r
対岸は
巨石の割れ目から

マイナスイオンの音を立てながら
滝が流れ落ちる・・、
Img_1697_r 
滝を見て
その少し先を行くと

やっと
身を清める
手洗いどころ・・、
Img_1698_r
身を清めてから
また
石段がキツイ!
Img_1701_r
石段の先に見えたのは
結構有名な神楽殿!

神楽殿を左にみて
正面に
榛名神社が佇む!
Img_1702_r
かなり
歴史のある神社のように見受けられる!
Img_1712_r
お賽銭を入れて
どうか
良いことがあります様に
と手を合わせてまいりました!

帰り道は下り
Img_1744_r
森林浴を感じながら
左手下に流る
高低さのある せせらぎ は心地よい清流の音・・、
Img_1735_r 
行は昇りで
息切れして景色みる余裕が無かったけれど
帰りは下りで
楽でしたし、清流を見ながら 楽でした!
Img_1740_r
そんなこんなして歩いてると
歩き始めたとき渡った
朱塗り欄干の橋まで
下山です。
Img_1756_r
今でも
深山に佇む神社に思うので
創建した当時は
秘境の秘境に立てたんだろうなと
思い深い
榛名神社です。
Img_1761_r
駐車場まで戻って ひと休みしてから
車を走らせる。
帰りは
続く山間部の山道を
右に左に
くねくね 下り道は
楽しい道のり、、、

行に降りた
渋川伊香保インターより
ひとつ 東京よりの
高崎インターから
高速道にて
帰宅。
帰り3時間40分。
往復で計409km。(日帰り)

カメラ:X9・Z

2020年7月 3日 (金)

榛名湖

ちょっと
遠く へ ドライブしてみた!
家から
ノンストップで
3時間40分

204km (高速道利用)
10:30スタート、14:40着

群馬県の榛名湖まで!
Img_1679_rabcz 
榛名湖(はるなこ)は、
榛名山のカルデラ内にできた火口湖です。

調べてみると
私の住む町に隣接して流れる
大河「坂東太郎」{利根川(トネガワ)}に属してるそうです。
写真は、榛名湖で
ほぼ180度パノラマですが3枚連結写真です。
ただただ
ひたすらに高速道を走り
渋川伊香保インターを下りてから

山道を
くねくね 右に左に 曲がりくねって
山坂を登る道は
私にとって 楽しい道でした。
途中 路面が刻んであって
走る車のタイヤ ロードノイズが 色々な音がする
その音がメロディーに聞こえて来る
「時速40kmで走ると聞こえます」
の注意書き看板が目に入ったので

その速度で走ってみたら
しずかな湖畔の 森のかげから
♪もう起きちゃいかがと かっこうが鳴く
♪カッコウ カッコウ
♪カッコウ カッコウ カッコウ
と、ロードノイズ。
スピードを出し過ぎないよう
粋な計らいだし、
思わず にこにこ しましたよ!
そんな
メロディーを聴いて走ると
間も無く
榛名湖へ到着
Img_1683_ra
昔、
カルデラ大噴火があって
出来た湖とは思えないほど静かで穏やかな
榛名湖畔は
みどりの風につつまれている
素敵な所でした!

カメラ:X9・Z

2020年7月 2日 (木)

桔梗の花

秋の七草のひとつ
「ききょう」が咲き出しました!

Img_0255_r
秋の七草の内で
一番早く 咲き出す「桔梗」。
Img_0256_r_20200702004001
Img_0257_r
私が子供の頃
庭に咲てた桔梗に思い出がよみがえる。
蕾が開く前の頃
大きく袋状になる蕾を
指で挟むようにつまむと
その蕾が
割れて  “ ♪ ポン ” と音がするのが
面白くて
親父が丹精していた
桔梗の蕾を “ ♪ポン ” とさせた思い出がある。
それでも
桔梗は何事も無かったように咲いていた。

勿論
親父におねだりをしての “ ♪ポン ” でしたが
今 考えると
親父は あぁ~! と心内 嘆いたかも知れないが、
桔梗に
そんな思いでがある。
今では
そんな事 とんでもない事で
出来ませんが・・、
・・・、
植物たちは
季節を感じる鋭い何かを持ち備えてるのが凄いと思う!。
ちなみに
晩秋の頃に咲く「コルチカム」は
春先に芽を出し
若葉をいまに茂らせる・・、
Img_0259_r_20200702004001 
もうじき
葉は朽ちてなくなってしまい
何事も無かったように
跡かたもなく
地面だけになるコルチカム、
秋には
涼し気な 花を咲かすのが楽しみ。

植物たちは
秋への準備を もう考えてるようだ!
これから
夏本番の季節なのに・・・、

カメラ:S5IS (撮影:先日 我が家にて)

2020年7月 1日 (水)

ネジバナ

今日から7月(文月),
梅雨の終盤戦になってきました!

この頃になると
“ ネジバナ ” が見かけられるようになります。
夏への
走りの花なのでしょうか、
野の花なれど
それなりに人気の野花かなと思います。

Img_5762_r
Img_5769_r
Img_5771_r

良く見ると足元に
結構 咲いてる・・、
Img_5977_r Img_5976_r
よくよく見ると
ネジバナって、
連花が
右巻きと左巻きのがある。
上記2枚の写真がそれですが、
分かりにくいので
2枚を付けてみました(↓)。
Img_5976_ra 
ねッ!
連なる花の巻き方が異なってるでしょ!

うろうろ散歩も
結構楽しいものです!

カメラ:SX50HS  (撮影、数日前)

2020年6月30日 (火)

合歓木の花

ねむの木の花
今年も
今が盛りと咲き出している!
Img_5861_r 
花の脇には
まだ
蕾も沢山ある・・・、
Img_5672_r_20200630001601

優しい微かな香りを放ちながら
そよ風に
ゆ~ら ゆぅ~ら ゆら 
ゆりかごを
揺らすかのように
初夏の
揺れる風に心地よさそうに
ゆ~ら ゆぅ~ら ゆら
揺れる
合歓木の花は
優しさそのもの・・・、
Img_5671_r
Img_5863_r
Img_6093_r_20200630001601 
Img_6094_r
そんな
合歓木の花を
くぐり 抜けながらの散歩をするとき
何だか
私まで
優しい気持ちに
誘われる、、、

カメラ:SX50HS

2020年6月29日 (月)

はまなすの花

前回の長い駅名
「長者ヶ浜潮騒 はまなす公園前 駅」から

近くにある
“ 大野潮騒 はまなす公園 ” へ行ってみた!

Img_1906_r

時期は少し遅かったので
ハマナスの花は
ほとんど終わっていましたが

それでも
何輪かは咲いていましたので
カメラに納めました。

初めに
前回のUPした駅前の
珍しい
ピンク色のハマナスの花を再度UPです
Img_1928_r_20200627155901
・・・、
では
公園のハマナス
Img_1804_r
Img_1807_r

ハマナスの実は
ミニトマトより少し小ぶり
 Img_1810_r
Img_1813_r
Img_1817_r
Img_1818_r
Img_1821_r
Img_1828_r
Img_1832_r_20200628231001
Img_1834_r_20200628231001
ハマナスの木は
棘がいっぱい、
まるで薔薇の木みたい!(↓)

Img_1837_r

ほらね!
ミニトマトに似てる雰囲気でしょ!
でも、ヒゲがあるのが特徴かな!

Img_1838_r

(↓)花の時期 本来ならば
  この広場が
  赤や白のハマナスでいっぱいです。
Img_1840_r
Img_1845_r

まだ
蕾を持ってる木もある!
Img_1866_r_20200628231101
Img_1900_r
Img_1902_r
Img_1904_r
何だか ただただ
シャッターを押しただけの写真で

公園の雰囲気が全く
分からんですが、
少し残って咲いていた
ハマナスの花も
今は雑草に埋もれて咲いていたので
花だけの写真になってしまいました。
6月下旬の訪問では
時期が遅すぎましたですが
ハマナスの花の雰囲気だけでも
見て頂ければ幸いです。
ご存じ
♪「知床旅情」
♪知床の岬にハマナスの咲くころ~
のハマナスです。
(撮影場所、茨城県鹿嶋市)

カメラ:X9・Z

2020年6月28日 (日)

長者ケ浜潮騒はまなす公園前駅 {ながぁーーーい駅名です!}

ちょうじゃがはましおさいはまなすこうえんまえ駅
ながぁーーーい駅名ですね!
漢字で書くと
「長者ケ浜潮騒 はなます公園前 駅」
日本一、長い駅名の時もあったようですが
今現在は日本で二番目の長い駅名と聞いています。
なので
東日本で一番長い駅名になってるそうな・・、
Img_1921_r_20200627154801
Img_1920_r

(↓)駅前広場
Img_1907_r 
改めて
見ても やたらと長い駅名です。
Img_1908_r 
駅構内
(↓)鹿島神宮方面

Img_1909_r
(↓)水戸方面
Img_1910_r
単線で
列車本数は下記(↓)。
Img_1912a_r

無人駅は
幅広階段で
駅へ出入り自由
Img_1930_r

駅の脇には
地元の方々で花壇が綺麗に整備されていて
気持ちがよい駅です。
花壇の中に
初めて観る「ピンク色のハマナス」が美しい!
Img_1924_r
Img_1928_r_20200627155901
紫陽花も咲てます!
Img_1938_r
Img_1932_r

列車が来る時刻なので
カメラに納めようと待っていると・・・、
来た 来た 来た
ヘッドライトを点けて来た!
Img_1934_r
肉眼で観てると
列車のヘッドライトが
微かに
左右に車体がロールしながら来る
でも
一向に近づかない感がする
よほど遠いのだろう!
Img_1936_r
Img_1937_r
Img_1939_r
おッ!
来た 来た 来た!!
Img_1942_r
Img_1943_r
来たぞうぅ! 来た! 来た!
Img_1944_r
Img_1945_r
何だか
胸がドキドキしましたよ!
Img_1946_r
Img_1947_r
Img_1948_r

駅に到着!
列車は水戸方面行!
ディーゼル車でした!
Img_1951_r 
列車には
学生さん(多分、高校生)達が結構 乗車してました!
車内席は
対面のボックス席、
ちょど
私の前の車内でボックス席の
女子学生さんたち
駅に佇む私を見ながら
車内で

何やら 騒いでしたので、
手を振ってみたら
学生さん達のテンションUP
満面の笑顔で
皆が手を振ってくれました!
Img_1952_r
この列車から
降りたのは男子学生さん一人です!
Img_1954_r
30秒ほどの停車で
ディーゼル エンジンの音が大きくなると
水戸方面へ
走り出してゆきました!
Img_1955_r
Img_1958_r
Img_1960_r
Img_1960_r

あ~ぁ 行っちゃった!
Img_1961_r
私が 
子供の頃
汽車(蒸気機関車)が好きで良く見に行った頃の事が
蘇った ひと時、
楽しゅう御座いました!
当時、
子供の頃に見に行った

蒸気機関車は
上野発―北行き(東北本線・上越本線が通る場所)

Img_1962_r 
束の間の
思わぬひと時が
とても
楽しかったです!

「長者ケ浜潮騒はまなす公園前」駅!
それにして
長い駅名ですね!
日本一、長い駅名は西日本にあると聞きますが
何処だか
分ってない私です。

ここ
「長者ケ浜潮騒 はまなす公園前 駅」
から、すぐ傍の
「大野潮騒はまなす公園」にもよって
“ はまなす ” も見てきましたが次回UP。

カメラ:X9・Z

2020年6月26日 (金)

紫陽花

紫陽花(あじさい)の花咲く
6月に
いつも思い出す歌がある。

小椋 佳さんの「六月の雨」
♪六月の雨には
♪六月の花咲く
♪花の姿は変わるけれど
♪変わらぬ心を誓いながら
♪幾つ春を数えても
♪幾つ秋を数えても
♪二人でいたい~

人生かなわぬことの方が
多いけれど
私の大好きな歌で
私の心情と重なる思い、
私は
誰に気兼ねすることなく
一人 彷徨うかのように
カメラを持って
自分の世界へと遊ぶことが好き・・、

お寺さん
二本松寺の庭に咲く紫陽花の香に
酔うがままに
六月の雨に似合う花
紫陽花を
カメラに納めてみました!
Img_1672_r 
Img_1673_r 
Img_1670_r
境内の裏庭になるのかな
紫陽花の園
Img_1557_rz
Img_1570_r_20200626000301
Img_1575_rz 
Img_1580_rz_20200626013001
Img_1581_r Img_1594_r

紫陽花の花に
銀河星団を重ね見る思い・・・、
Img_1601_r_20200626000301
Img_1619_r_20200626000301 Img_1622_r_20200626000301
Img_1571_r
Img_1624_r Img_1627_r_20200626000301
Img_1629_r Img_1630_r

灯篭が
素敵な趣を醸し出すお庭は素敵に思う・・、
Img_1651_r
Img_1652_r
Img_1645_r Img_1644_r
Img_1634_r Img_1633_r
色々な
紫陽花の種類があるようですが
ここは
ただただ
紫陽花の花の香へと誘う・・・、
Img_1653_r
Img_1657_r
Img_1659_r_20200626000401
Img_1661_r_20200626000401
Img_1662_r_20200626000401
Img_1663_r 
最後に出会った紫陽花は
少女が

頬を染めたような
初々しさが
私を慰めてくれてるよう・・・
お寺さんの
庭に咲く紫陽花
素敵でした。

カメラ:X9・Z

2020年6月24日 (水)

タチアオイ

背高く
花咲く花「タチアオイ」。
空へ 空へ
のびる のびる・・
見事な花を連なって咲く
素敵な
タチアオイは
まるで
アンテナのよう!

Img_1564_r_20200624002001  
Img_1563_r

ずうっと向こうまで
何処までも
広い田園風景に
深呼吸が
美味しかった・・、

Img_1567_r_20200624002001

Img_1574_r

広大な
田園風景をキャンバスに
花咲く花「タチアオイ」に出合い
私は
強烈な印象を受けました・・・、

Img_1565_r_20200624002001

愚痴も言わず
黙って
懸命に咲く花の姿に元気をもらいました!

カメラ:X9・Z

2020年6月23日 (火)

花菖蒲

一週間前へのノスタルジア
“花菖蒲”
今年は
我が家から一番近くの

「牛久観光アヤメ園」へ
行ったのが今から一週間前の事!
Img_1513_r

現在は
ピークを過ぎてるかもですが
訪問時の
“花菖蒲”をUPしました!
小さな写真はクリックで拡大します
Img_1502_r
Img_1480_r Img_1482_r Img_1484_r
Img_1487_r Img_1491_r Img_1495_r
Img_1503_r Img_1504_r Img_1456_r
Img_1457_r Img_1459_r Img_1460_r
Img_1543_r_20200623141901 
Img_1552_r Img_1549_r
Img_1547_r 
Img_1546_r Img_1545_r Img_1528_r
Img_1531_r
Img_1537_r
Img_1472_r_20200623141801

以前は
「里山の会」の面々が丹精していたので
珍しい植物が
ワンブロックに幾種類も植わってたのですが
今は無く

現在は
アヤメ、花菖蒲、睡蓮が主になっているようです。

私にとって
誰に気兼ねすることもなく
気ままに
花と戯れた時間は
時が経っても
色鮮やかな思い出、、、

カメラ:X9・Z

«スモークツリー