« 小春日和のなかで・・、 | トップページ | 柿その後 »

2014年11月 3日 (月)

椿「紅獅子」が咲いた!

毎年、
秋に咲く 時期がもっと遅かったり・・、、
秋に咲かなかったり・・、
そして
春には、良く 咲いてくれる気まぐれさんだが
今年は
晩秋に
早々と花を開いた椿「紅獅子」です。

Img_3242

まだ、一輪だけなので
写真は、二つの角度から撮りました。



Img_3243

蕾もいくつかあるようなので暫らくは楽しめそうだ!

カメラ:SX50 HS

« 小春日和のなかで・・、 | トップページ | 柿その後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

紅獅子、豪華です。春咲と思ってました。秋にも咲いて今年は良い子です。

一輪というのが見応えがありますね~お久しぶりです☆わたしも今日のお昼どきたつのこ山に登って来ました。地上で見る筑波山があまりにくっきりとして素晴らしかったので、きっとあの富士山も姿を見せているかも!って思ったもので。残念ながら今日はお目当ての富士は見えませんでしたが代りに筑波山の左側にかなり立派な山並みが見えまして…昔、父から日光連山とか聞いたような気がしましたが?どんぐりさんなら山の名前もご存知かなぁと思い立ちブログをお訪ね申し上げました☆ご存知だったら教えて頂けると嬉しいのですが。

“一輪”というのが見応えがありますね~ お久しぶりです☆わたしも今日のお昼どきたつのこ山に登って来ました。地上で見る筑波山があまりにくっきりとして素晴らしかったので、きっとあの富士山も姿を見せているかも!って思ったもので。残念ながら今日はお目当ての富士は見えませんでしたが代りに筑波山の左側にかなり立派な山並みが美しく見えまして…その昔、父から日光連山とかと聞いたような気がしましたが?どんぐりさんなら山の名前もご存知かなぁと思い立ちブログをお訪ね申し上げました☆ご存知だったら教えて頂けると嬉しいのですが。

珍しい椿が咲いてくれて嬉しいですね(*^。^*)

↓の小菊も可愛い~。
こんなに種類が咲いているのですね!
どのコモ愛らしいです(*^。^*)

ribbon kazuyoo60さんへsign01
コメントありがとうございますnote
budカーネーションを 「く しゃくしゃにしたような花」の椿で、一般的な椿からちょっとかけ離れてる容姿の椿です。機嫌が良い年には秋と春に咲いてくれるので嬉しく思っていますが、時として「春か秋」の一回だけ咲く年もあるので不思議に思っています。
bud背丈の低い小作りの椿の木ですが紅獅子と言うパワフルなお花を咲かせてくれるので嬉しく思っています。

ribbon ひまわりママさんへsign01
コメントありがとうございますnote
budご無沙汰しています、たしかHN(ハンドルネーム)を数個 提示されてどれに使用かなと相談された方かなと、文面[お久しぶりです]からお察ししました。当時は「ママ」さん じゃなく、「mom]さんだった気がしてますが間違っていたらゴメンナサイです。
bud今日は富士山を除いてよく見えましたので万足してる私です。

ribbon ひまわりママさんへsign01
再度のコメントありがとうございますnote
bud椿と言うには、ちょっと変わった花模様姿の椿「紅獅子」です、ちょっと豪華な気分のお花でとても気に入ってる私です。
bud今日のお昼は「たつのこ山」へ 来られたのですね、景色も久々に見通しも良く富士山付近だけが雲隠れ状態でしたが、妙義山方面、赤城方面、おっしゃる日光は男体山、そして筑波山と良く見えてましたね。ひまわりママさんが見てそうかなと思った連山は、多分 日光連山で綺麗な山の姿は日光「男体山」と思います。

ribbon ちえこさんへsign01
コメントありがとうございますnote
bud気ままな椿でして機嫌が良い年は「春と秋」にさいてくれる椿「紅獅子」ですが、本来の花のライフスタイルは年(春・秋)に二度咲き種類なのかどうかはわかっていない私です。しかし ちょっと変わった花姿なので(お花音痴の私は)この花は何だろうと思っていましたが、ブログ友達のところでも同じ花が咲いていて解った花名でした。
bud小菊が秋の日差しの中で健気に咲く姿が大好きでして毎年咲いてくれるたび見入ってしまうんですよ、決して値の高い豪華な花ではありませんが市民的な雰囲気の小菊が私をひきつけるようです。

soccerこれはゴージャスですね!!
撮り甲斐がありそうです。

早速のお答え有り難うございます☆今日も昼前に痛む足を引きずりながら登ってみましたがそこにあるべき山々は見えず、筑波山のみ地元を誇るように美しくそびえていました。なので、大仏様に手を合わせてから、登った時の日課にしてる屈伸のストレッチをして帰って来ました。で、どんぐりさんのブログを開いてみましたら日光連山の男体山との由。どうりでひと際威厳があるはずです、威風堂々といったらよいのでしょうか!これから寒くなってくればもっと姿を見せてくれる日が多くなるはずですから、名前を知って…これからは益々親しみが(楽しみが)増すでしょう☆重ねて感謝です…有り難うございました!!!☆

こんばんは。

椿の季節。いよいよ、秋が深まり冬かへかな。
花の乏しくなるころあいに椿は花を咲かせます。
佐渡では住宅の近くで色々見ていました。
今は長岡。実は季節感を感じぬ日々を過ごし
ています(困)。


ribbon takacciさんへsign01
コメントありがとうございますnote
budちょっと変わった「椿」と思いますが、お花音痴な私なので最初は「この花なぁーに?」状態でしたが、あるときほかの方のブログに載っていたので、花名は「椿・紅獅子」とわかりました。
bud単に「お花」と言えども実に色々な花模様があるのとつくづく感心したお花なんですよ。開花時期も「春と秋」で、年二回咲くのですが機嫌が悪いときは年一回のときもある気ままな椿で一見カーネイションみたいな花です。まだ蕾もいくつかあるので暫らく楽しめそうです。

ribbon ひまわりmomさんへsign01
コメントありがとうございますnote
budやはりそうでしたか「ひまわりmom」さんだったんですね、月日もいつだったかだいぶ経ちますので、新しいHM「ひまわりママ」さんが素敵だなと思いますが、私には何とも言う立場にあらずですので、よけいな事を言っちゃってスミマセン。
budたつのこ山からの景色は素晴らしいですし遠くに見える山々も素晴らしいですね!。
その山々連山の呼び名は私も受売り(聞いたまま)をお話しましたので、ひまわりさんご自身でも ご確認してくださいね。日光連山は男体山が見えてますんで確かと思っています。

ribbon 地理佐渡さんへsign01
コメントありがとうございますnote
budブログを始めて一年間はUPするもの全てが新しい話題になりますので、楽だった私ですが毎年の繰り返しを続けるなかで、行動力が少なくなってきた私のブログは変化の少ないものになり勝ちです、それでも記事を書く楽しみ醍醐味には嬉しくおもってるんですよ。今回は「椿・紅獅子」単体の取り扱いになってしまいましたが、季節の変化をお伝えできて嬉しく思っています。
bud今は長岡なんですか? 色々とご繁忙な地理佐渡さんです、ますますのご活躍を願っています。

やはりこのHNにしちゃいます(苦笑)なぜかと言いますとコメントをするときにもmomではいちいち半角に変換したりして大変ですし(あの二度の同じようなコメントもそんな面倒をしているうちに消えてしまったりしてダブってしまったようなのです)なので簡単にします(笑)それから日光連山はもちろん確認をしましたよ☆で、間違いなく男体山です!ご安心くださいませ(笑)インターネット検索は本当に便利ですね、私が眺めた景色と同じ写真で説明がしっかりと書きこんでありましたので☆椿といえば侘び寂びをイメージしますがどんぐりさんの紅獅子でパ~ッと明るい女王椿を見せて頂いた気がします☆お礼と言っては申し訳ないのですが同じ獅子がつく果物で獅子柚子ってご存知ですか?これは紅獅子とは違って本当の鬼顔の柚子です(笑)でも香りがよいので器量の挽回をしています、ママレードやピールにすると美味です!!ではご機嫌よう☆

毎日毎日、必ずお邪魔してますが
いつも読み逃げしています。
でもこの度はコメント欄を開きました。
目がショボショボになるほど調べましたが
判らなかったお花、
ホソバウンランと教えていただいて感謝でいっぱいです。

たつのこ山を下りて川に沿い
テニスコート方面に歩いていた時 発見しました。
来年は 頂いたお写真のように 沢山咲いている時期を
見逃したくないと思っています。
ありがとうございました。maple

ribbon ひまわりママさんへsign01
コメントありがとうございます.note
bud一つのブログ記事に、度重なるコメントに恐縮していますが、一つ同じものを見ても、おっしゃるように「侘び寂び」を感じるか、あるいはポジティブに感じるかは、それを見る人の心のあり方によって異なるのかなと思っています。今回の「椿・紅獅子」は明るい陽気な雰囲気な椿と私は感じますが、見る人によっては違って見えるのかも知れませんですね。考え方によっては それだけ人々の心は奥が深いのと思っています。
bud「獅子柚子」は存じ上げています、とても存在感がありますし おっしゃるような使い方もあってそれだけ色々な用途も大きいのでしょう。

ribbon 夏子さんへsign01
コメントありがとうございますnote
budホソバウンラン(細葉海蘭)は私も当初ずいぶん名前を探しましたがなかなかわからなかったお花なんですよ。
bud私は諸々の事情で遠くはなかなか行かれづでして、夕刻前のわずかな時間を「たつのこ山散策」にて楽しんでいますが、定点観測していると「たつのこ山」はじつに色々な野花が咲く素敵なところなんですよ、先日 夏子さんも撮ってらした「コムラサキ」とか「クサギの実」など、その他には「金糸梅」、「クチナシ」、「ネムの花」、「キキョウソウ」、「彼岸花」、「エゴの花」、「くぬぎの花」、そして面白いのは和蝋燭の原料になる「ロウソクの木」など観察飽きないたつのこ山山麓です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小春日和のなかで・・、 | トップページ | 柿その後 »