« H26年10月の空模様 | トップページ | 小春日和のなかで・・、 »

2014年11月 1日 (土)

秋の夜長、灯下親しむ

読書の秋。
灯下親しむ季節、
秋の夜長に時には本を開いてみよう!

最近
目がショボショボすることが多い私。
目のトレーニングになるからと、友人が面白い本を貸してくれた。

「UP写真の本」の表紙にあるような
幾何学模様をようく見ていると
「立体絵柄が見えてくる」。
あらッ!
不思議な幾何学図柄だが、実際にみていると
色々な物が立体的に描かれてるのが見えてくる不思議な本。
本の中身は
色々な幾何学模様が描かれていて
それそれの
画像が浮かび上がる不思議な本。

Img_0291

この図柄を見て、浮かび上がってくる立体絵図をみていると
目玉の水晶体を調節する筋肉が活発に作用しての結果、
目の働きがよくなるということなのだと思う。
わたしも
それを繰り返し見てることで
自分の目玉の物を見る焦点調節が軽やかになって、
物がはっきり見える方向へなってるのです。

このようなジャンルの本は知りませんでしたが
もつべきは良き友。
灯火親しむ季節、時には色々な書物に親しむのも一考かなと
気が付かされました・・・、
友人に感謝!

カメラ:S5 IS

« H26年10月の空模様 | トップページ | 小春日和のなかで・・、 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

若い頃の新聞に2つの印があって、そこを見つめていたら立体画像が浮かび上がる、ガラスの中に飛び込んだ画像に感じました。今は目が悪くなって、とても無理だと思いますが。

ribbon kazuyoo60さんへsign01
コメントありがとうございますnote
bud言われて見れば、昔 新聞に載ってたのを思い出しました。幾何学模様の中に 左右に「点マーク」があって、そこを見つめてると立体画像を思い出しました。kazuyoo60さんにコメントされるまで昔「新聞に載ってたこと」を忘れてましたが、面白いパズル? が、あるものですね! 同じ模様の繰り返し幾何学模様なのに、上手くみると立体画像が浮かび上がってくるんですよ!全く 不思議で私にはどのような原理でそうなるかは理解できませんですが、なにはともあれ理屈ぬきで立体の図形が浮かび上がってくるので不思議です。
bud今回、この本を貸してくれた友人は「目の視力がよくなった」との事で試してみてと私に貸してくれたのですが、確かに私も目の眼力が少しよくなったんですよ。目玉の水晶体の運動になるそうで「目」が活性化するみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« H26年10月の空模様 | トップページ | 小春日和のなかで・・、 »