« 大寒 | トップページ | ダイアモンド富士! »

2015年1月22日 (木)

春を待つとき

ribbon
外は雨
木枯らしも 吹く 寒い冬、
北国では
雪が舞う まだ冬のさなか
当地でも
冬のさなか
冷たい空気がしばれるときもあるが
晴れれば
冬の斜光も素敵なものだと思う・・、

Img_0640_r

Img_0632_r Img_0637_r Img_0641_r
写真〔枯すすき、枯ネコジャラシ、枯セイタカアワダチソウ〕

長い冬のまんなか、
僕のそばで
なにか
ほっとしたものに出会うとき
とても
嬉しいものだ・・、

Img_0652_r Img_0653_r Img_0657_r
写真〔紅梅:観察の森にて〕

♪大空と大地の中で
https://www.youtube.com/watch?v=tB8qCLpvcLE

今日は
温かくなる 何かを 感じていたくて
取りとめのないブログ記事

もうじき
春が美しく
すてきな季節を迎える・・・、

カメラ:SX50 HS 

« 大寒 | トップページ | ダイアモンド富士! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

cloudこんにちは
今日は昨日と違って、外へ出てもそれほど寒くはなく、雨も今のところ降っていません
昨日は何と寒い日だったことでしょう

我が家でも紅梅が咲きだして本当に「春」を感じます
光が明るいので春は小鳥たちもさえずり木々の芽も膨らんで楽しみがいっぱいですね
やっぱり秋の寂しさに比べて、声高らかに歌を口ずさみたく季節です

セイタカアワダチソウの枯れた姿もまた絵になりますねnote

枯れた草にも焦点をですね。この子たちも喜んでいるでしょう。
寒紅梅、良いですね~。綺麗で健気です。我が家の梅も咲きだしてほしいです。

ribbon 花ぐるまさんへsign01
コメントありがとうございますnote
bud陽射しがあれば、何と無く陽春の陽射しを感じ始めましたが、何せ時は「大寒」 ひとたび曇ったり北風が頬をなぜれば思わず首がすくんでしまうときです、あいにくと外は愚図ついた天候で降る雨に浮世の冷たさを感じたとき、ふと心温まる何かが欲しくなる。思い出したのが、つい先日 観察の森で誰も見てないところで微笑んでいた「紅梅」を思い出してのUPでした。
budネコジャラシも、セイタカアワダチソウも、ススキも、冷たい空気のなかで輝いていた、枯れた姿がわが身と重なるが 私よりどんなにか輝いていたのが羨ましかったです。

ribbonkazuyoo60さんへsign01
コメントありがとうございますnote
bud何もしゃべらないのに、何故か呼ばれた気がする。誰も居ない梅林へ、すると微笑んでいた「紅梅」にパチリ!。
夏から秋にかけてあんなに元気だった草たちだけど、子々孫々 次世代へ胞子を放って今は枯れ姿なれど冬の陽射しにまだまだ輝く不思議、私を呼び止めてポーズをとってた枯れ植物たち まだまだ輝く姿に元気をもらえましたよ。
bud何も語らず何んの返事もしないのに、そんな植物たちと以心伝心、嬉しいやら嘆かわしいやら いつの間に私もそんな年になってきたんだなと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大寒 | トップページ | ダイアモンド富士! »