« 今年(H26年)、花の記憶 | トップページ | 凧あげ! »

2015年1月 2日 (金)

迎春

迎春

正月2日は、「書初め」など何かを始める日なのかなと思いまして
元旦は、一日ゆっくり過ごしまして
2日の今日は、早速シャッターを切り始めました!

初日の出じゃなくて、2日の午後の太陽です。
それでも
正月で空気が澄んでいた為か
太陽が燦然と輝いていました。

Img_0007_r

我家のささやかな正月気分 飾り
Img_0071_r

Img_0075_r

Img_0072_r

毎年
お雑煮を造ります、写真はありませんが
料理本に出てるとおりに造ります
(1)・水 1リットル
(2)・昆布を入れて沸騰寸前で取り出して
(3)・削り節をいれ、一煮立のち取り出して
(4)・鶏肉を一口大の切って、ぼろぼろ入れる
(5)・生しいたけは4~5ヶ、傘にバッテン模様に包丁、で煮込む。
(6)・大根、人参は食べやすい大きさで別小鍋でじっくり煮込む
(7)・(1~5)ができたところで、(6)入れて、「蒲鉾、なると」入れて醤油で薄味をつけて・・、
(8)・焼き餅を湯がいて入れて出来上がり。
(9)・盛り付けは、湯がいた三つ葉を添えて、見た目にも完璧!
・・・・・手前みそですが、とっても美味しい雑煮が出来たんですよ!
料理本を見ながらでしたので、写真撮る余裕がありませんでした。

そんなこんなをしながら
今年も
いよいよ 時間が動き出した実感があります。

皆様にとって
素晴らしい年になりますよう
願っています。
そして
本年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます

From:どんぐり

カメラ:SX50 HS 

« 今年(H26年)、花の記憶 | トップページ | 凧あげ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

綺麗なお雑煮が浮かびます。我が家のは奈良の田舎雑煮ですが、それが無いと正月気分になりません。1/2の小豆雑煮(小豆粥)が美味しかったので、今朝も作りました。

ribbon kazuyoo60さんへsign01
コメントありがとうございますnote
budかつての料理家「土井 勝」さんによる「お正月料理」と言う本なのでかなり古いと思いますし、お雑煮の造り方も「関西風」と「関東風」が記載されてまして、私は関東風の造り方で本のとおりに造ったので、ほぼ標準的な味なのかなぁと思います。自分で言うのも変な話しですがとても美味しかったです。
budお雑煮(オゾウニ)は読んで字のごとく色々な物を入れて造る雑煮(ザツニ)なのと思うとき、家々それぞれのお雑煮(オゾウニ)の味があっていいのかなと思います。
・・・そうなんですか「小豆雑煮」美味しそうですね、食べてみたくなりました。

どんぐりさん 今年もよろしくお願いいたします。
お雑煮は 地域 又 家庭によって様々ですね。
我が家は、関西なので味噌を使います。基本白味噌ですが、今年は合わせ味噌を使いました。
あーーー関東は、醤油味だったの忘れてた(^_^;)
埼玉の友人に送ったお味噌、失敗だったかも・・・。
お歳暮に、お雑煮に使って頂こうとお味噌の詰め合わせを送ったの。

水槽の中、エンゼルフィッシュかしら?沢山泳いでますね。
我が家も90センチの水槽に沢山の種類を飼ってましたが、今は、グッピーだけです。
熱帯魚の管理は、難しいので一番簡単なグッピーだけにしてます。
一階の車庫には、めだか、金魚、沼エビ等も別の水槽で飼ってますよ。

ribbon べるちゃん さんへsign01
コメントありがとうございますnote
budお雑煮は、十軒十色なのと思いますし、それでこそ それぞれのお正月料理になるのかも知れませんですね。マスコミニュケイションに時代、ともすれば皆と同じだと安心する傾向にある現代人なのかもですが、自分の育ったお袋の味が一番旨いんだなと思っています。
budお味噌を埼玉の友人に送られたんですか! それはそれは喜んだと思います、関東ではお店やさんで売っているお味噌がほとんどですから、じっくり時間を掛けて醗酵させたお味噌は売ってませんので、さぞ喜んだと思いますよ、私も自家製のゆっくり発行させたお味噌を食したことがありますが、それはもう旨いものでした。ちなみに売っている大手の味噌はほとんどが温度を掛けて早く発行させてしまう速醸と思われますので。
bud熱帯魚飼育は古く、通常の熱帯魚のほか「ピラニア(肉食)」、「アロワナ(古代魚)」「、淡水エイ」「スポッテットガー(鰐の祖先、古代魚)」「アストロ(肉食魚)」など色々飼いました。最近では性格の優しい熱帯魚(ネオンテトラ、カージナルテトラ、ブラックテトラ、グローライトテトラ、レモンテトラ、コリドラス、など小魚熱帯魚中心ですが、今現在はエンゼルフィシュが産卵したので孵化させて育てたら90cm水槽ですが写真の状態です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年(H26年)、花の記憶 | トップページ | 凧あげ! »