« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

6月の空

6月(水無月)の空

flag6月1日
Img_5719_r
このとき東の空にはお月様(↓)も美しかった!
Img_5722_r

flag6月4日
Img_5756_r
(↑)綺麗な夕空でしたので、2枚連結写真(↓)
Img_5758_rabc
updown  updown  updown
Img_5758_rabcz

flag6月6日
Img_5955_r

flag6月7日・  flag6月9日
Img_6032_r Img_6143_r

flag6月10日
Img_6318_r

flag6月11日・flag6月15日・flag6月16日
Img_6378_r Img_6473_r Img_6645_r

flag6月20日・flag6月21日・flag6月22日
Img_6693_r Img_6735_r Img_6789_r

flag6月24日・flag6月25日
Img_7006_r Img_7017_r

flag6月27日、この日の夕焼は時々刻々と変化が楽しめました!
  clock(↓)18:00pm

Img_7040_rab
  clock(↓)18:43pm
Img_7055_rab
  clock(↓)18:49pm
Img_7064_rb
  clock(↓)18:56pm
Img_7073_rab
  clock(↓)19:04pm
Img_7080_rab
  clock(↓)19:07pm
Img_7083_rxyz

  clock(↓)19:10pm
Img_7084a

flag6月28日(カメラ:N-01E
Nec_0057_h27628

flag6月29日、夕空が綺麗でしたのでその変化を・・
  clock18:41pm/clock18:48pm/clock18:56pm

Img_7146__r Img_7161__r Img_7173__r
  clock19:00pm/clock19:04pm/clock19:07pm
Img_7181__r Img_7195__r Img_7203__r
  clock19:11pm/clock19:13pm/clock19:14pm
Img_7212__r Img_7217__r Img_7219__r

flag6月30日曇天
Img_7231__r

今月も
途切れ途切れでしたが
夕空を幾つか捉えることができてよかったなと思っています。
あくまで
自己満足の世界ですが
自然のなす営みの雄大さに魅了されて
足を運んだ結果なのです。

拙いブログですが
ご覧頂きまして有り難うございました!

カメラ:SX50 HS (6/28 のみ「N-01E」)

かれー

昨日は「組み立てキット」料理でしたので・・・、
今日は
久々にカレーを造りました!

・人参1本 乱切り
・玉ねぎ2ヶ 適当乱切り
・ジャガイモ2ヶ 一口大切り
・豚肉400gていどのかたまり(もも肉にしました)。

Img_0446_r

・豚肉の脂身は取り除いて一口大乱切り
プチメタボな私なので脂身は除きました

Img_0448_r

肉を先に炒めて、旨み成分を閉じ込めます。
「人参、玉ねぎ」を投入して続きを炒めます。

Img_0449_r

適当に炒まったら煮込みます。
あくが出てきたら適当に取り除きます

Img_0450_r
30分程、煮たところで「ジャガイモ」を入れて
ゆっくり煮込み、

Img_0452_r

具が柔らかくなったら
カレールー(中辛 4キューブ、辛口2キューブ)と「マイ隠し味」を入れて・・、

Img_0447_r

Img_0453_r

「カレーとろみ」付くまで
数分煮込みます。・・・・・出来上がりです。

Img_0455_r

手前味噌ですが!
旨い!!

カメラ:S5 IS

2015年6月29日 (月)

美味しく出来ました!

組み立てキット食材。
いろいろ調理してみると面白くなる・・・。

①とうもろこし
購入時、皮をつけたままで帰宅。
・薄皮を残して水からゆでました
・ホイルで落し蓋
・沸騰してから15分ほど
Img_0275_r Img_0276_r Img_0277_r

好物のトウモロコシ。存分に食べちゃう!Img_0326_r

②酢豚とマーボ豆腐。いずれも半完成食品。
・酢豚はピーマンを入れて造るだけの調理。
・マーボ豆腐は、豆腐を奴に切って調理するだけ。
Img_0398_r Img_0399_r

・・・料理下手の私にでも出来た!

組み立て調理食材が売っているので
便利な世の中です。

※トウモロコシ、酢豚、マーボ豆腐。どれも旨かったです。
組み立てるだけの料理なれど結構それらしい味に出来るからおもしろい。

カメラ:S5 IS

2015年6月28日 (日)

水墨画展

東京・北区
JR王子駅まえ『北とぴあ(ホクトピア)』展示ホールにての
“水墨画展” へ
行ってきました。

Img_6793a
「北とぴあ」にて
 ~6/28(本日)17:00pmまで開催されています。

主催:現代日墨画協会にて
【現代日墨展】
作品 170点 展示。

もうすでに
ご存知の方もいらっしゃると思いますが
友人が出品してるので
今回も拝見してきました!

Img_6799_ra

相も変わらず
“墨” の香りが微かに漂う素敵な空間へ身をおくと
我煩悩が浄化されるような気分に誘われる私・・、

Img_6801_r Img_6804_r

Img_6805_r Img_6806_r

Img_6817_r

下記
友人の作品二点
【秋涼】

Img_6808_ra

【轟け】
Img_6811_ra

回を重ねるたび
奥の深さのある
水墨画の拝見するのが楽しくなる
不思議な空間・・、

Img_6858_ra

Img_6815_ra Img_6819_ra
墨画の作成にあたっては
墨を磨ることから始めると聞きます
精神統一
素敵な趣味「水墨画」
会場にあしを運んだ甲斐ありました。

Img_6794_r

【後書き】
一昨日(飛鳥の小径「紫陽花 Ⅳ」)と
昨日(展望風景)
JR王子駅界隈の一連の散策、
ラスト訪問先の
「水墨画展」に我リフレッシュできました。

カメラ:SX50 HS 〔会場・友人作品:撮影了解済〕

2015年6月27日 (土)

東京の展望風景

東京・北区、JR王子駅前「北とぴあ(ホクトピア)」17階からの風景!

千葉方面
東京墨田区「スカイツリー」良く見えました。

Img_6826_r

都心方面
Img_6832_r

筑波山方面
Img_6835a

埼玉方面
Img_6836_r

展望室から降りての JRの切符売り場。
路線図が迷路のよう!

Img_6861b

いつもの
「たつのこ山」までは直線で46kmほどあるかと思っていますが
さすが東京はビッグタウン!

カメラ:SX50 HS

2015年6月26日 (金)

紫陽花 Ⅳ

紫陽花の花
今期4回目の特集(今期の特集 ピリオド かな!)・・・、

東京・北区王子「飛鳥山公園」脇に咲く紫陽花です。
Img_6832_r
上記写真説明⇒ Img_6832_ra(←クリックしてみてね!)

飛鳥山とJR線路に挟まれた
この小径
大好きな場所のひとつ・・、

Img_6881_r

Img_6868_r

金網フェンスの外は
列車がスピードを落とす事無く
容赦なく 通り過ぎてゆくので
その風圧で
紫陽花がゆらゆら揺れる・・・、

Img_6906_r

Img_6916_r_2 Img_6921_r_2

Img_6944_r

Img_6945_r_3 Img_6929_r Img_6935_r_2
実に様々な列車が走り抜ける・・・、
時には
話し声さえもかき消されるほど!

Img_6959_r

列車の
こない合間をぬって
シャッターを押す、
とても
スリリングな小径・・、

Img_6927_r

Img_6943_r

花の種類は多くは無いが
何故か
気分が高揚するお気に入りの場所・・、

Img_6956_r Img_6957_r Img_6942_r Img_6895_r

Img_6950_r

Img_6947a_r

Img_6948_r

Img_6890_r

飛鳥山は
江戸時代 桜の名勝地、
いまでも
飛鳥山公園として その名を残す素敵なところ!

カメラ:SX50 HS

2015年6月25日 (木)

百合が咲いた!

何「ゆり」だろうか、百合が咲いた!

茎に力がなく ツゲの木にもたれて
なをかつ
蕾みの付近は垂れ下がっての開花。

なので
下向いて花開いた!

Img_0404_r

拡大して撮ってみるが、綺麗な花だと思う!
Img_0405_r

写真機を
花の下から上向けて撮ってみた!

Img_0409_r

・・・綺麗な百合だと思う!

カメラ:S5 IS

2015年6月24日 (水)

ひとやすみ!

私の人生
色々な荷物を背負って
きょうも
一所懸命
あるく・・、
隣の芝生は綺麗でも
私の道は
石ころだらけ、
歌を
口ずさみながら
路ばたの花を友に
きょうも歩く 、
無理しないで
背負える分だけの荷を肩に
来る日も
明日へ
歩いていこう
そんなに思う!
きっと
新しい何かが開けるだろう!
【 ドヴォルザーク: 交響曲 第9番 ホ短調 作品95 《新世界》 】
・・を今、BGMに流しながらのブログ記事かき
時には
ひとやすみ
センチメンタルな気分・・・、

Img_6632_r

カメラ:SX50 HS  〔写真:たつのこ山〕

2015年6月23日 (火)

美味しいケーキみたい!

“ 手造りケーキ ” みたいな
      「紫陽花」に出会いました!

Img_6776_r

一般的には
「額アジサイ」の周囲の花(装飾花)は、
中側の「真花」と同じ向き(上向き)に咲くが
この「額アジサイ(↑)」の装飾花は
上向かないで 横向きで並び周囲を囲んでる⇒Img_6776_ra
とても可愛いね!
何故か「美味しいスイーツ」のように思えました!

暫らく
立ち止まって眺めてしまいました!

【付録】
先日らい、待っていた「お多福あじさい」もやっと色付いてきました。

Img_6766_r
お花 一つ一つ が ぷくぷく していて大好きな紫陽花の一つ。

いろいろな紫陽花に会えて良かった。
今日はこれだけです・・、
ではまた!

カメラ:SX50 HS 〔たつのこ山、奥の細道にて〕

2015年6月22日 (月)

夏至

今日(6/22)は、二十四節気の『夏至(ゲシ)』を迎えました。

夏至:簡単に言うと昼間の時間が一番長い日かと思います。
一番昼間が短い日は12月22日頃「冬至」ですが、昼間の時間差は4時間 50分ほどあると聞きます。

この頃になると「ハンゲショウ」が花を咲かせ葉を白く染め始めます。
“半夏生”とは夏至から 11 日目(7 月の 2 日頃)を言うのだそうです。
植物の“半夏生”もこの頃に花をつけるからこの名前になったと聞きます。
別の説では,花に近い葉っぱの一部が白くなり花よりも目立つので,“半化粧”とも言われるそうです。
生物学的には、
葉が白くなるのは花が目立たないので虫たちに花が咲いたよとアッピールしてるんです、と聞きました。

(↓)ハンゲショウ(半夏生)。
Img_6519_r

Img_6522_r Img_6525_r

Img_6528_r
写真:近所の畑に咲く「ハンゲショウ」、(撮影了解済)。

これからは
昼間が段々短くなりますが、
暑くなってくるのはこれからが本番です。
今から
体調を整えて暑さにそなえましょうね!

今日は、「夏至」を迎えました。

カメラ:SX50 HS

2015年6月21日 (日)

はすの花

蓮が咲く頃かなと 行ってみた!

我家から15分ほどのところ「利根親水公園」。
地図⇒
http://www.town.tone.ibaraki.jp/map.php?code=164

ご覧の皆様が
少しでも、ここに佇んだ気分になれればと・・・、
私の下手な写真、沢山UPです。

Img_0327_r Img_0328_r Img_0329_r Img_0330_r_2Img_0349_r

Img_0331_r Img_0332_r Img_0333_r

Img_0334_r Img_0335_r Img_0352_r

Img_0372_r

Img_0350_r Img_0351_r Img_0353_r

Img_0382_r

Img_0355_r Img_0356_r Img_0357_r

Img_0361a_r

Img_0383_r

Img_0362_r Img_0363_r Img_0364_r

Img_0367_r Img_0368_r Img_0369_r

Img_0371_r

Img_0373_r Img_0375_r Img_0378_r

Img_0384_r

Img_0380a_r

近くにて 楽しめる公園の一つ「利根親水公園」。
いつも背負っている
人生と言う 荷物をおろして
束の間の時間
一人、生き抜きに出かけるのが好きな私。

ここは「古代はす」が 静かに咲く あまり知られていない素朴な公園。
朝早く行くか せめて午前中だと
「蓮の花」がもっと開いていることだろう!
しかし
私事都合で夕方の訪問
それでも
こんなに綺麗な姿を見せてくれた “蓮の花” 美しい!

カメラ:S5 IS

2015年6月20日 (土)

ラッキー!

晩春のころ
何も無い植木鉢からスミレのような “葉” が顔を出してきた・・・

右向き左向きと左右2枚の葉にスミレかなと思ったのですが、ちょっと異なってる葉形に思えたので、どんなになるかそのままほって見ていました。
そしたら
段々、草の茎が伸びて30~40cm!
あらららら!
これ
スミレ違うわ! 雑草だ!
・・と、思ってたんです。

しかし
茎の芽先が膨らみかけてる!?
なにやら
蕾みのよう!
雑草かて どんな花を咲かせるか
みててみましょう!

暫らくして、
咲いた “お花” にビックリ!
Ta・Si・Ka !
「ほたるぶくろ}と言う花だったと思う!

Img_0314_r
   updown  updown  updown(丸印の中です)
Img_0314_ra

Img_0315_r

Img_0316_r
「ホタルブクロ」で調べましたら、間違いなし!
・・・お花音痴の私、ここまで音痴なのはそうとうなもの。
小さな雑草しか生えてなかった植木鉢から嬉しい贈り物!

隣家にいっぱいあるので
何らかのかたちで “種” が舞い込んできたんだろうと思う。
ほっといてよかった!

話し変わります。
何度かUPしましたが
もう一月は咲いてるだろうか
「ニワゼキショウ」。
天気がよいと花開き、
夕刻には(
線香花火の火玉のような)まん丸の蕾み状態になる!
雨が降っても、寒くても、咲かないが
お天道様がでてくると
花開く。
人によると一日花だというお方も耳にするが
我家の花は長生きしてる。
きょうも久々の天気につれて久々の開花!

Img_0317_r
指先と比較しても大輪の「ニワゼキショウ」。
Img_0318_r
開いたり閉じたり
一連の花行事が立派な「ニワゼキショウ」。
・・・咲き終わるまで そっとそておこう!

久々の天気に誘われて、お花と共に我心地よい・・・、

カメラ:S5 IS

2015年6月19日 (金)

たつのこ山に咲く お花!

この時期
「たつのこ山」咲くお花たち!

flag先日ちょっこし開きかけましたが・・、
いよいよ咲き出しました「合歓(ネム)の花」!

Img_6502_r_2

木の下に立つと
優しい素敵な香りが漂ってきてます・・・

Img_6495_r

Img_6494_r

Img_6505_r

flagいつも騒ぐのは私だけの・・、
「ホソバウンラン」も咲き出しました!

Img_6530_r
  updown  updown  updown
Img_6530_ra

Img_6532_r

Img_6540_r

flagクチナシの花も素敵な香りを放ちだしてます!
Img_6576_r

Img_6574_r

Img_6579_r

Img_6580_r

flag他「キンシバイImg_6584_r」や「あじさいImg_6596_r」、「コムラサキImg_6569_r」も咲いています。

目を凝らしてみると
色々なお花が咲く「たつのこ山」。
街中の公園なれど、私のお気に入り
素晴らしいところです

カメラ:SX50 HS

梅その後!(臨時増刊号)

先日(6/15)に梅シロップを漬け込みましたが、
その後・・・、

flag当日 6/15
Img_0313_r_2

flag6/17、中一日おいただけで水分が随分出て来た!
Img_0324_r

flag6/18、前日と変わらない雰囲気だが氷砂糖が溶けてる!
Img_0393_r

下記
flag今年・昨年物・一昨年物の比較です。

Img_0394_r
  updown            updown          updown
Img_0395_r Img_0396_r Img_0397_r
(↑)経年変化で「梅実」が変化してる!

参考までにUPしました!

カメラ:S5 IS

2015年6月18日 (木)

玄関先で、、

玄関先のドラマ!

玄関先で「紫カタバミ」が花を咲かせた!
いままで
全く気配が無かったのですが
今年 この時期に咲いてくれたのは嬉しい。

Img_0278_r
(↑)紐で引っぱってるのは、「チンチョウゲ」。倒れかけた姿勢を直してる最中。
Img_0279_r

Img_0281_r Img_0285_r
「ムラサキカタバミ」、一所懸命に咲く姿が美しい!

(↓)「お金のなる木」。
数年前、
いきなり 全て枯れてしまって、
しなびきった太い部分の幹だけ残った、
もちろん
葉も何も無い状態でした。
それでも、そのままほっといたのです!
半年ほど経ちましたら
なんと、葉が出てきて復活して、数年。
ところが
昨年の暮れにまた枯れてしまった・・・、
不思議なことに
春になって復活してきた!
なんと生命力の強い「お金の生る木」、
まだ
花は一度も咲かないけれど
とても
可愛く思うし、大切な木になってます。

Img_0284_r
あァ~あ!
葉っぱ、一枚一枚が「福沢諭吉 お札」なったら いいなぁ!???

なんの変哲もない
玄関先なれど
植物たちが展開する ドラマがあるんだね!

カメラ:S5 IS

2015年6月17日 (水)

オカメインコ

我家のオカメ インコ!

長いこと飼っているので、以心伝心的なことも多々あるし
私もオカメインコ(名前:ちよ)も 言葉は通じないけれど
それなりに
通じるのでおもしろい!

Img_0260_r

首まわりを撫ぜてもらうのが大好きで
撫ぜてもらいたいときは
頭をこてっと下げたまま待ってるので
指で首周りを撫ぜてあげる・・、

Img_0261_r
気持ちよさそうに
目を閉じて
うとうと状態!(↓)。

Img_0262_r Img_0263_r

撫ぜるをやめると
私を見る・・、
続けてほしいときは、また頭を下げる

Img_0264_r

撫ぜられるの
気がすむと
羽づくろいを始める。

Img_0266_r

でも
時々私を見る!

Img_0267_r

そばに居る事がわかると
また
羽づくろいを始める・・、

Img_0268_r

それでも
私が居る事を常に確認するオカメインコの「ちよ」。

Img_0274_r

あまりも慣れすぎてるので
写す写真機にも興味津々でカメラに乗っかるので、
片手にオカメインコを乗せて
片手でカメラ操作。
もっと もっと おもしろい仕草があるのですが
何かにつけ、私にくっついちゃうので
写すのが大変で、
ピンボケですが
これでも精一杯のシャッターです。

カメラ:S5 IS

2015年6月16日 (火)

梅シロップ

梅シロップ!

梅ノ木から
梅実 1kg 収穫 出来たので
「梅シロップ」を造ってみましょうと思いまして・・・、トライ!

flag梅 1kg(写真のハカリ針示 1,25kg=金籠250g+梅 1kg
Img_0301_r
梅、完熟を収穫なので、上記(↑)の色合い!

下記(↓)の色合いは赤っぽく写りましたが、
指先と比べても大きい梅と思う。
完熟なので桃みたいな良い香りが心地よい・・!

Img_0303_r

flag水洗いして「ヘタ」をとって、
水分をふき取って・・・、

Img_0304_r

flag串で刺して
穴を2箇所ほど開けておくと
出来たときに梅の実にシロップがしみこんで美味しく食べられる!

Img_0306_r

・・・で、
flag広口ビンに綺麗にした梅を入れて・・・、

Img_0307_r

flag氷砂糖を 1kg 入れて、
Img_0309_r

flag食酢を200ml 入れる(醗酵を止めるため)。
Img_0310_r

flag氷砂糖の上から用意した食酢をかけ入れる・・、
Img_0311_r
(↓)ビン底にたまった、
「氷砂糖⇒梅実」をへて、落ちた食酢。

Img_0313_r

flag蓋をして漬け込み年月日を記して終了!
Img_0312_r

後は、日増 しに
梅エキスと氷砂糖が溶けてきて
その溶液がどんどん増え上がってくるので
見ていて楽しい!

ちなみに
今、呑み始めた「梅シロップ」は昨年の 1年もの!
一昨年の2年もの もまだ少しあるので
夏場は充分足りそうです。

※梅シロップ
皆さん、ようくご存知と思いましたが、私のトライした行程をブログUPしました。

カメラ:S5 IS  〔漬け込み 6月15日〕

2015年6月15日 (月)

昭和への懐古 Ⅰ

「昭和の物」があると聞いて行ってみた!

【パート Ⅰ】 車 編

「ミゼット」・「ブルバード2代目」・「ブルーバード初代」・「ダットサン」Img_5784_ra
  updown日産:「ブルーバード(2代目)」・「ブルバード(初代)」・「ダットサン」
Img_5787_ra
Img_5786_ra Img_5785_ra

「いすゞ ベレットGT」・「トヨタ パブリカ」・「本田 N360」
Img_5816_ra Img_5826_r Img_5829_r

「スバル360」・「日産ブルーバード」・「本田 T360」
Img_5846_r Img_5870_ra Img_5873_r

「本田ライフ」・「マツダキャロル」・「ホープスター(軽三輪)」
Img_5854_ra Img_5817_r Img_5852_r

「いすゞトラック」・「マツダオート三輪」・「ダイハツオート三輪」
Img_5877_r

「日産サニー」・「三菱デボネア」
Img_5868_ra

ガレージの内外にある昭和車に懐かしさを覚えましたよ!
Img_5907_r

(↓)このスペースでは、手前 赤い車も溶け込んじゃうよね!
Img_5904_ra

一昔前の時代へタイムスリップした気分でした!

※場所は千葉県松戸市にある「昭和の杜 博物館」

カメラ:SX50 HS

2015年6月14日 (日)

紫陽花 Ⅲ

紫陽花(アジサイ)の花 三回目のUPです(3回も、すみません)。

flagたつのこ山へ繋がる歩道上に個人宅の土留塀から今年も綺麗な花を咲かせています、
その紫陽花の名
は『柏葉紫陽花』。
Img_6348_r Img_6349_r Img_6352_r
Img_6353_r
ちょっと変わったスタイルの紫陽花ですが、とても綺麗!

flag我家でも「額アジサイ」の装飾花が開いてたのですが
やっと、本当の花「真花」が開き始めました。

Img_6429b_r
        updown   updown   updown[(↑)トリミング]
Img_6429a_r
(↓)元画像。updown   updown   updown[(↑)トリミング]
Img_6429_r

Img_6427_r Img_6428_r Img_6435_r

flagたつのこ山「奥の細道」でやっと見つけました!
『おたふく紫陽花』。
まだ色づいてませんでしたので、これからが楽しみ。

Img_6439_r Img_6448_r
Img_6441_r
(↑)お花一つ一つが
ぷくぷく  していてとても可愛いアジサイです。

“ アジサイ ブルー ” に染まる その日が楽しみ!

どの花も 懸命に咲いてる
その姿は美しい!

カメラ:SX50 HS

2015年6月13日 (土)

これでも花?

散歩の途中・・・、

茂みの中に「赤い」ものが眼に入ったので撮ってみた!
Img_6416a_r
おもしろいでしょ!
イソギンチャク 見たいな姿に 興味津津。

元画像をみると(↓)
Img_6416_r

葉の形状から
もうお分かりになられたと思いますが・・、

Img_6415_r Img_6417_r
合歓の花の開きだしたところです。

全体的には、このような感じです!(↓)
Img_6414_ra

場所を変えて
咲いてるところを探しましたら、ありました!

Img_6425_r

まだ数輪でしたが咲いてました。
一部をズームしてみました(↓)

Img_6426_r

「ネムのハナ」
微かに素敵な香りを漂わせながら
ゆりかご のよう!

・・・これから「たつのこ山」界隈に沢山咲きだします「合歓の花」。

カメラ:SX50 HS 

2015年6月12日 (金)

牛久アヤメ園 Ⅱ

牛久、観光アヤメ園

我家から近いので・・・、
先般、
雨の中 開花状況視察に行きその様子をUP しましたが、
そろそろ
見ごろかなと 2回目の訪問です。

ほぼ満開と言える状況でした!
Img_6230_r

Img_6249_r

Img_6231_r

Img_6258_r

Img_6168_r

Img_6175_r

Img_6147_r Img_6151_r Img_6154_r

Img_6157_r Img_6158_r Img_6159_r

Img_6161_r Img_6164_r Img_6165_r

Img_6170_r

Img_6176_r Img_6178_r Img_6184_r

Img_6192_r

Img_6217_r_2

Img_6228_r Img_6232_r Img_6233_r

Img_6272_r Img_6276_r Img_6282_r

Img_6284_r

Img_6293_r Img_6298_r

Img_6302_r

今が丁度 見ごろかな、見ごたえがありましたよ。

写真は
“ 下手な鉄砲 数うてば 当たる ” 的なものばかりですが
ご覧頂いて
すこしでも
この場に佇んだ気分に成っていただけたなら幸甚に思います。

参考資料(↓)
http://www.ushikukankou.com/ushikushikankouayameen.htm

有料の園と違って きらびやかさはありませんが
自然を取り込んだ
素朴で素敵な園です。

カメラ:SX50 HS

2015年6月11日 (木)

梅雨に入ったこの頃・・、

爽やかな皐月もおわり、
いつのまにか6月水無月の中旬へと入ってきたこの頃・・、
晴れると
少し蒸し暑さをも感じるようになって来て、
早足で歩く私の治療散歩も汗をかくこのごろです。

flag5月中旬「ハゼノキ(櫨の木)」の花(↓)をUPしましたが・・,
Img_4819_r
1ヶ月ほどたった今、上記の「花(↑)」も、
すっかり
「実(↓)」をつけている・・・、

Img_5982_r
ご存知「和ロウソク」の原料となる “実” 。どのように使うか知るよしも無い私。
さわると
かぶれる事があると聞くので、見てるだけ。
初秋の頃には いち早く 紅葉が美しい「ハゼノキ(櫨の木)」に 色々楽しめる。

たぶん
flag「コムラサキ(↓)」かなと思っていますがよく分からない私。

Img_6068_r
うっかりすると
見過ごしてしまいそうなほど小さなお花です・・、

Img_6069_r
(↑)もしかすると「もどき」かも知れません?!

広場の向こうに
flag「栗の花(↓)」も咲いているのを見つけました。

Img_6109_r

Img_6110_r
(↑)栗の花、どのように変化して栗の実になるのか知らないので興味心神の私。

今年初対面、
flag「ネジバナ(↓)」が ただ1ッポン 草々に隠れて咲き始めてたのを発見!

Img_6118_r

・・・季節季節、それぞれに咲くお花たち!
そろそろ
初夏の兆しを告げながら、その演出しはじめてる。

一見、
なにも無い「たつのこ山」界隈、
けれど
実に様々な営みがなされているものと感心しています。

カメラ:SX50 HS

2015年6月10日 (水)

「昭和と現在」の懐中電灯

今まで現役で使っていた懐中電灯!
それは
昭和48年頃のもの
単一電池2本入れて使います。
(↓)左の赤いのがそれです。

Img_0248_r
(↑)この度購入した懐中電灯が右側の銀色の物。

明るさが比較にならないほどの差がある
Img_0249_r
(↑)左が3V(ボルト)豆電球と、右が1,5VのLED電球・・、

電池を比較すると
(左)「単1電池2本」と (右)「単3電池1本」。
照射できる時間は、(右)LEDのほうが断然長時間OK

Img_0250_r

Img_0251_r

手に持ってみたので
その大きさが容易に分かると思います。

Img_0252_r

ついでに
非常用に家の中、
何箇所かに目立つところに掲げてる「ミニ懐中電灯」は、
もっと小さい。電池も「単4」とさらに小さいものを使用してるLED物です。
(↓)写真、右の小さいのが我家の非常用。

Img_0253_r
重さもそれぞれ電池込みで
「400g・100g・75g」と段々軽くなってる。

時代の変化とはいえ
電気工学、電子工学の発達発展によるものと思うが
学問が進んでの結果、
恩恵にあずかり ありがたいことです。

我家の懐中電灯、遅ればせながら LED電球の時代になった!
なんとなく 嬉しいものです。

「昭和の物、現代の物」、時代の変化を感じます。
そういえば
私のノスタルジック・オーディオは
この赤い懐中電灯と似たり寄ったりの年代物ですが
もうすこし現役でいてもらいたいものです。

カメラ:S5 IS

2015年6月 9日 (火)

紫陽花の花 Ⅱ

紫陽花の花 Ⅱ

たつのこ山、右手細道は宅地へとつながる素敵な小径、、、
そこに
咲いている紫陽花。
紫陽花
見れば皆 同じなのかもしれないけれど
そこに咲く 紫陽花 各々は力の限り懸命にさく。

写真機に納めて
その花たちを賛美しましょう!

Img_6041_r Img_6043_r Img_6042_r

Img_6072_r

Img_6046_r_2 Img_6049_r Img_6053_r

Img_6051_r

Img_6057_r Img_6058_r Img_6060_r

Img_6052_r

Img_6056_r Img_6063_r Img_6066_r

Img_6073_r

Img_6079_r Img_6080_r Img_6081_r

Img_6084_r Img_6091_r Img_6100_r

Img_6083_r

・・・どのフィルムも代わり映えのないものばかりですが
お花ひとつひとつは
それでも懸命に咲く・・、
その健気さに心うたれる、
自然の成す営み素敵だな!

カメラ:SX50 HS

2015年6月 8日 (月)

紫陽花

紫陽花(アジサイ)の花!

我家でも咲き出す雰囲気・・、
Img_5957_r Img_5958_r Img_5959_r

ご近所さんでも・・、
Img_5960_r Img_5961_r Img_5963_r

「たつのこ山」奥の細道でも・・、
Img_6002_r

Img_6004_r Img_6009_r Img_5993_r

奥の細道から「たつのこ山」方向を望む・・、
Img_6020_r

6月には6月の花が似合う!
しばらくは
紫陽花の色々が楽しめそうな季節、
素敵だな
6月水無月。

カメラ:SX50 HS

2015年6月 7日 (日)

開花が楽しみ!

たつのこ山、
奥の細道へ向う途中・・・、
テニスコートを過ぎたあたりに見つけた!

まだ若木だけれど、一丁前に蕾を持ち始めてる。

Img_5638_r

Img_5639_r

Img_5640_r

こうして、緑色の蕾をみると奇怪な雰囲気を漂わせるが、、、
けれど
花開くと 優しい優しい 揺りかごのような花を咲かせる素敵な “木”。

そうなんです
ご存知「合歓の木」の “花” です。
蕾んでるときは不思議なスタイルなんやね!

・・・今から、開花が楽しみです。

【付録】
同所「たつのこ山」の奥、湿地帯の草むらから
♪ケン ケーン ケン と鳴き声
目いっぱいのズームなので少々ボケてるけど
雉(キジ)がいた!
多分キジだと思う・・・、
きっとキジだと思う・・・、
Img_5434_r
 updown・・・切り取り拡大(↓)
Img_5434_a_r

「アオザギ」は時々見かけるが「キジ」は、初対面。
すぐさま
草むらの中に消えてしまったので写真は1枚撮っただけ!

同所(たつのこ山
うろうろ するだけでも 実に色々な対面があるものです!

カメラ:SX50 HS

2015年6月 6日 (土)

芒種

今日(6/06)は、二十四節気の『芒種(ボウシュ)』を迎えました。

芒種:
季節は梅雨が始まる頃に イネ科の植物の種を植える頃と聞きます。

折りしも
昨夕から今朝方まで、降った雨は
まさに 蒔かれた “種たち” にとって恵みの雨となるだろう!

今回は「田の風景」などを撮ってなかったので
自宅にて
今朝、雨上がりの雫を写真機に納めてみました・・、

Img_5777_r
(↑)葉は椿です。

「柿の実」も順調に育ち始めてる・・、
Img_5779_r

・・・今回「芒種」に係わる写真は撮れてなかったですが、
実りの秋に向って
スタートが切られる時期が芒種なのかも知れない。

何もかも “即” が当たり前の時代
なれど
自然は時間を掛けてゆっくり準備をしていく ・・。
人も
自然のリズムの中に生きるもの
そのリズムを忘れてはならないとつくづく思う。

今日の「芒種」に自然のリズムを再認識する私・・・。
あァ~
スローライフ が良いな!

カメラ:SX50 HS

2015年6月 5日 (金)

ドクダミの花

人々から
あまり好まれないのかな「ド・ク・ダ・ミ」。

けれど
薬草だと聞いています、
処方の仕方は、全く分かっていない私ですが・・。

私は
もっぱら鑑賞を楽しんでいます・・、
それは
地上に降りた “星” のように思えるから!

春たけなわの頃
葉を茂らせ
やがて
白い蕾らしきものが顔をだしてくる。
それは
お花を開くまで大事に “苞(ホウ)” というものが
小さな花蕾を包んでいる白いものなのです、
それが蕾のようなスタイルで顔をだす。
・・・子(花)思いの植物「ドクダミ」に心惹かれる私です。
ドクダミにとって
その 小さい小さいお花がいかほどに大切なのかが伺える・・、

たつのこ山の奥の細道にも・・・、
Img_5641_r

我家の片隅でも・・・、
Img_5733_r

何処に生えても元気が良い!

時には
その
ドクダミにスポットライトをあてて見ようかなと、
午後の斜光に浮かび上がった
その姿を撮って見ました!

Img_5730_r

真ん中の 黄色い塔 が「小花の集まり」!
それを包んでいた白い花びらみたいなのが「苞」。

Img_5732_r
   updown  updown  updown
Img_5732_ra

人々から
もてはやされない お花(ドクダミ)なれど
子思いの優しい植物「ドクダミ」なんだね!

カメラ:SX50 HS
【あとがき】
お花音痴の私。上記、私の思い込みかも知れませんし貴方も調べてみてね!

2015年6月 3日 (水)

夏椿

としも、
夏椿が咲きだしました!

まだ
一輪だけだけど清々しさを撒き散らしてる・・・、

Img_5702_r

今年は幾分 蕾が多いので楽しめそうです

カメラ:SX50 HS

2015年6月 2日 (火)

赤ちゃんの様(よう)。

新芽
“赤ちゃん” の様(
よう)!

Img_5654_r

風雪を耐え抜いた大木と対照的な新芽! 楓かな? ⇒「ユリノキ」

「ユリノキ」:
※ ブログ友達『
gardening 2 さん』に助力を頂きました。
kazuyoo60さん、ありがとう!


カメラ:SX50 HS

2015年6月 1日 (月)

咲き出しました!

私の散歩道・・、

喜怒哀楽という荷物を背負って
年輪を重ねながら
散歩されてる方々も少なくない小径に
ことしも
咲き出し始めました!

(↓)キンシバイ(金糸梅)。
雌しべ・雄しべを
愛おしむ かのように花びらが覆う金糸梅、
幸せの黄色い色を放つ・・・、

Img_5393_r_2

Img_5394_r

Img_5668_r_2 Img_5669_r

(↓)山肌(たつのこ山、山腹)には、
淡い黄色い色を誇らしげに連ねて咲く
ホソバウンラン(細葉海蘭)。
散歩する人の足元で、爽やかな山肌を撫ぜる微風に揺れ咲く・・、

Img_5471_r_2 Img_5472_r

(↓)いよいよ “準備完了”
と、いった雰囲気のアジサイ(紫陽花)たち・・、
実に種類豊富で いろとりどりに
奥の細道に咲く姿は
まことに清々しい気分にさせてくれる・・、
これからが楽しみ!

Img_5425_r Img_5427_r_2

Img_5652_r

私の散歩道、
行き交う御仁も 花に囲まれ
人生の背負う荷物を ちょと下ろして
ひと時のリフレッシュ。

お花たちに
元気を貰いながら
大好きな6月の始まり・・・、

カメラ:SX50 HS

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »