« 紫陽花の花 Ⅱ | トップページ | 梅雨に入ったこの頃・・、 »

2015年6月10日 (水)

「昭和と現在」の懐中電灯

今まで現役で使っていた懐中電灯!
それは
昭和48年頃のもの
単一電池2本入れて使います。
(↓)左の赤いのがそれです。

Img_0248_r
(↑)この度購入した懐中電灯が右側の銀色の物。

明るさが比較にならないほどの差がある
Img_0249_r
(↑)左が3V(ボルト)豆電球と、右が1,5VのLED電球・・、

電池を比較すると
(左)「単1電池2本」と (右)「単3電池1本」。
照射できる時間は、(右)LEDのほうが断然長時間OK

Img_0250_r

Img_0251_r

手に持ってみたので
その大きさが容易に分かると思います。

Img_0252_r

ついでに
非常用に家の中、
何箇所かに目立つところに掲げてる「ミニ懐中電灯」は、
もっと小さい。電池も「単4」とさらに小さいものを使用してるLED物です。
(↓)写真、右の小さいのが我家の非常用。

Img_0253_r
重さもそれぞれ電池込みで
「400g・100g・75g」と段々軽くなってる。

時代の変化とはいえ
電気工学、電子工学の発達発展によるものと思うが
学問が進んでの結果、
恩恵にあずかり ありがたいことです。

我家の懐中電灯、遅ればせながら LED電球の時代になった!
なんとなく 嬉しいものです。

「昭和の物、現代の物」、時代の変化を感じます。
そういえば
私のノスタルジック・オーディオは
この赤い懐中電灯と似たり寄ったりの年代物ですが
もうすこし現役でいてもらいたいものです。

カメラ:S5 IS

« 紫陽花の花 Ⅱ | トップページ | 梅雨に入ったこの頃・・、 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

古い懐中電灯、使おうと思ったら点かない、何個か捨てました。で、単4が1本のを買いました。太い蝋燭も残しています。

我が家も、懐中電灯はいくつもありますよ~。
あちこちに置いてあります。
ミニランタンとかも。
計画停電から、懐中電灯は大事です。
古い懐中電灯、懐かしい形。
大事になさってくださいね。
こういうもの、高く売っているところがありますよ。
今、レトロなものに人気があります。

ribbon kazuyoo60さんへsign01
コメント有り難う御座いますnote
budそうなんですよ! 今回の我が家の古い懐中電灯一つは現役で使っていて写真にUPしたのですが、もう一つは完全防水型懐中電灯があるのですが、先日「電球」切れてしまって修理しようとあけてみたら「電球」が特殊でして部品がありませんでしたので断念しました。なので今回UPの古いのも球切れになったら部品がないかと考えて、思い切って LEDの懐中電灯に変えたというわけです。そしたらLEDは「明るい明るい」ビックリ致しました。
budkazuyoo60さんちの「太い蝋燭」はきっと「和ロウソク」なんでしょうね、いいなぁ!。
我が家の小さなロウソクは「和ロウソク」ではなく 残念ながら今の原料のロウソクなのと思っています。

ribbon ちえこさんへsign01
コメント有り難う御座いますnote
bud突然の停電とか、災害時に備えて、写真に写ってる一番小さな LEDライトは家の中の「あちら」と「こちら」に掛けてあるんですよ、それに小型トランジスターラジオも。でも、間の抜けてる私は非常食は全く用意してないんです。
budそうなんですか! 懐古の懐中電灯は静かなブームなのかもですね、「昭和記念博物館」なんてあれば陳列していただけるかもです、古い古い鉄道模型のオモチャも少しありますし、円形ダイアル回す黒電話機も持ってるんですよ、携帯電話機も20年前のごっつい型(もう電池不良で使えない)ベーシック型の廉価機種で購入価格5万円でしたがまだもってるんですよ、当時人気の携帯電話は7万円、8万円の時代でした。
・・・でもね!我が家で一番古いのは私自身なのです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紫陽花の花 Ⅱ | トップページ | 梅雨に入ったこの頃・・、 »