« 秋分 | トップページ | 十五夜 »

2015年9月25日 (金)

直火炊きご飯

今日は
朝から雨、雨、雨・・、

Img_0438_r
それでも
もうじきの十五夜さんに向けて「すすき」も準備をしている。

お昼過ぎても雨・・、夕刻も雨・・、

なんだか
ほっこりしたご飯が食べたくなって
夕ご飯に
直火でご飯を炊いてみた!

Img_0444_r

ガス点火!
火加減が勝手に強くなったり・・、

Img_0446_r

火加減が勝手に弱くなったり・・、
Img_0448_r

2合のご飯だが
20分ほどで炊き上がる・・、
勝手に消火するガスレンジ、便利な時代です。

Img_0449_r

我家の電気炊飯釜は炊き上がるのに小一時間かかるので、
ガスは早い!。
気分的なものかも知れないが
ガス直火で炊いたご飯は
香ばしくて
それでいて ほんわかほんわか
美味しく思う。
先日、作ったけれど
今回も自家製カレーを作って
炊きたてご飯に添えていただきました。
自己満足の世界だけれど
美味かったです。

カメラ:S5 IS  (記事UP 21:25pm)

« 秋分 | トップページ | 十五夜 »

美味しん坊」カテゴリの記事

コメント

勝手に強くなったり弱くなったりですか。確かにピピッと鳴って、弱くなって消える時がありますが。
直火でご飯を炊けない方が多い時代となってますね。飯盒炊さんも出来ますし、どの火力も経験済です。
若い女性が台風が来るので停電前にご飯を炊いたとテレビで、数年前の話ですがあれ~でした。

ガスで炊いたことはありません。
早くていいですね。
我が家も、炊飯器で炊くと1時間かかります(^ ^;)

自分で作ったものは、何でも美味しいですねd(^-^)

ribbon kazuyoo60さんへsign01
コメントありがとうございますsign01
budそうなんですよ「勝手に強火になったり・弱火になったり」して、最後に消える真近で、強火になって火が消えます。点火すると釜全体が温まる頃まで、強火で、後は弱火~、です。諺にあるように「初めちょろちょろ・中ぱっぱ、赤子なくとも蓋とるな」そんな感じの火加減を自動的に行ってるようですが、それを20分間見てる私もあほなんですけれどね!。昔、若い頃にキャンプで、何度か薪をくべてご飯炊いた経験があるんですよ。
budそうなんですか「停電まえにご飯を炊く」って面白い現象ですね、道具が進化すると、その部分の人間の「感性、感覚」退化しちゃうんでしょうね! 。車だって、オートマチック(自動変速機)の無いころ育った私は、ブレーキとアクセルを踏み間違えて、お店に突っ込むなんて無かった。ブレーキとアクセルを間違えたら急発進せずエンストする時代でしたから・・、

ribbon ちえこさんへsign01
コメントありがとうございますnote
budやはり 小1時間はかかるんでしょうか! 我が家の炊飯器が「のんびり設定」なのかと思いましたが、何と無く安心致しました。電気釜はセットしておけば、夕方の買い物も出来るのが利点ですね。今回の我が家の場合は、この場に付いていないとダメですのでその辺がちょっと不便ですが、電気釜セットしてタイマー入れ忘れの時などは、急遽「ガス」に変更して炊いたことも何度かあるんですよ。炊けてるとおもって蓋を開けて「磨いだお米のまま」状態だと気絶しそうな気分になる私です、が気を取り直して「ガス」へシフト。今回は初めからガスの予定でしたが!
budおっしゃるとおりでして、自分で作った食べものは美味しいですね。若い頃は、プリン(砂糖を火に掛けて焦がした水飴状のものをカップに入れて①。卵・砂糖・たしか牛乳も入れてかんました状態のものを、カップ①に足して、蒸すと出来上がり。⇒確かこんな感じだった)も作って食べましたが、売っているプリンの比にならんほど「旨いプリン」記憶がありますが、食事物に限らず、洋菓子も自家製は旨かった記憶があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋分 | トップページ | 十五夜 »