« 写真から学ぶ側面・・・、 | トップページ | 身近な秋いろいろ »

2015年10月15日 (木)

小さな秋の中へ・・、

久々に「観察の森」に行ってみました!
Img_3745_r12

すうかり
秋の風情をかもし出していました・・・、

[ ゴンズイ? ]⇒[クサギ]・[ウメモドキ?]・[カントウヨメナ(嫁菜)]
Img_3746_r Img_3775_r Img_3776_r
※(↑)「ゴンズイ⇒クサギ」は、
ブログ友達の『
gardening 2 さん』にお力添えを頂きました。
kazuyoo60さん、いつもありがとうございます。

[タイワンホトトギス?]・[ユウカギク(柚香菊)]・[シラヤマギク(白山菊)]
Img_3779_r Img_3789_r Img_3801_r

[ツリフネソウ(吊船草)]
Img_3796_r Img_3798_r

「カワセミ」
折れた枯れ枝に止まって きょろきょろ してましたよ!

Img_3772_rg

Img_3759_rg Img_3764_rg Img_3765_rg

柿が沢山生ってましたよ!
我家でこんなに生ったら嬉しいのですが
我が家は20個ほどの柿でした。

Img_3809_r Img_3810_r

木々の合間に
差し込む夕陽が眩しい!

Img_3834_r

・・・家から20分ほどのところにある「観察の森」、
一人散歩に、森林浴に、家族連れに、
良いところです。

カメラ:SX50 HS

« 写真から学ぶ側面・・・、 | トップページ | 身近な秋いろいろ »

牛久自然観察の森」カテゴリの記事

コメント

ゴンズイではなくてクサギですね。ウメモドキは園芸店で見ていたのですが?です。
大きなクチバシと綺麗な羽、いつ見てもそう思うカワセミです。ご馳走沢山見つけたかな?。
たわわになった柿も、誰も採られない地区もあるそうですよ。もったいないことです。

ribbon kazuyoo60さんへsign01
コメント有り難うございますnote
bud早速にお力添えをありがとうございます、「観察の森」は結構色々な植物に名札がついてるんですんよ。・・で、名札のあったものは「?}マーク無しで花名を書きましたが、そうでないものは「?」をつけたんです、ただ「タイワンホトトギス」は昨年kazuyoo60さんから教えていただいたのを覚えていたので名札は無かったのですが花名を書くことが出来ました。
budカワセミは滅多にあえないという方もおいでになりますが私は時々カワセミに出会えるので幸せなことです。今回はカワセミの方からカメラ前に来てくれたんですよ!。でも、カワセミはマッチの軸頭ぐらいにしか見えないほどの遠い距離でしたのでカメラ感度を上げてのズームでしたので写真画面が荒れちゃいました。
bud「観察の森」内はペット(犬など)連れ込み禁止ですし、昆虫採集もダメなんですよ、したがって植物採取も禁止、もっぱら見学のみなんですよ。色々な意味で自然のままスポットなのです。

どんぐりさん こんにちは。いつも有難うございます。

観察の森・・・・・ そんな名前の森なんですね。
小さな花達から すすき かわせみ 柿の木も、

素敵な森が、お近くにあって いいですね。

どんぐりさん、もう夕方.陽が短くなりましたね。

観察の森という森があるんですね。
ゴンズイやウメモドキそしてクサキやホトトギスそして
可愛い~背中がブルーで嘴が長めのカワセミを見ると
地井武男さんを、思い出しますcatface

ちい散歩で、カワセミを見つけるとじっと見て”可愛いな~”とよく言ってましたね。

どんぐりさん、私も今月良い事あって嬉しかったですhappy01

愈々、秋も深まって来ましたね、よく見ると、春に劣らない程、秋の草花は、やや控えめ乍ら、あちこちで頑張って咲いていたり、また春では見られない可愛い木の実が、花よりも鮮やかに、たわわに実って、心温まる気がします。2日前、夫婦で川辺を散歩してましたら、目の前を瑠璃色の小鳥が横切り、良く見たら、カワセミでした。近くの木に枝に停まってくれて、しばし感動しながら、観ておりました。何故あんな美しい色の羽を持っているのか、不思議ですが、私は、勝手に、富士山とカワセミが見られた後は、何だか良い事が有るような、ドキドキ感に包まれる気がします。一度は、カワセミが川に突入する場面を、目撃しました、目の良さにもビックリでした。お花の名前もお友達の、知識で私も大いに勉強になっていますが、すぐ忘れてしまっているのが、残念です。くり返しくり返しで覚えたいと思っています。次回の観察を楽しみにしています。

ribbon ekoさんへsign01
コメント有り難う御座いますnote
bud観察の森⇒正確には「自然観察の森」と言う名称で、全国に何ヶ所かあるようです、私の分かってる範囲ですが、自然の一角(かなり広い面積)を仕切りして外来種が混じらないように工夫している場所です。
budここ観察の森は犬など連れて散歩は出来ないんですし、お花や木の実、昆虫などの採取はできないんですよ、なので大きな池(沼?)にいてる亀も外来種(ミシシッピーアカミミガメ)じゃなくて日本古来の亀がいるんですよ、野鳥も色々いるようですが私は「フクロウ」「カワセミ」「アオサギ」「シジュウカラ」ぐらいしか分かりませんが色々囀って居ます。

ribbon mikkoさんへsign01
コメント有り難う御座いますnote
budいつも来ていただいて嬉しく思っています、ここ観察の森は正式には「牛久 自然観察の森」と言う名称で、かなり広い敷地なんですよ、。したがって野鳥や、昆虫など、ほか色々な樹木もあって勉強に生るところですが、全国に「自然観察の森」っていくつかあるようです。
bud今回は偶然にも「カワセミ」のほうからカメラ前に飛んできてくれたんですよ、といっても私とカワセミに距離はかなりあってカワセミがマッチの軸頭ほどの大きさに見える位置でしたので めいっぱいのズーム(望遠)で撮ったので、写真の粒子が荒くなってしまいました。
budmikkoさん何か良いことがあったのですね! 良かったですね!!

ribbon ふきのとう さんへsign01
コメント有り難う御座いますnote
bud気がつけば、いつの間にかすっかり秋本番になってしまいましたね、たわわに生った柿の実が素敵な演出を醸してくれて心地良かったですよ。柿の実をみると 「夏 あの暑い太陽の熱が小さく固まった」ように見える私なので柿を食べるたび太陽のエネルギーを少し分けていただいてる気分になるんですよ。
bud「カワセミ」は飛んでる姿は物凄く早いですが、飛んでるときは瑠璃色が輝いてとても綺麗ですね、なので おっしゃるようにカワセミに出会うと私もラッキーな気分になります、富士山もです。
bud観察の森へは以前出合った可愛い清楚で小さなお花の薬草「現の証拠(ゲンノウショウコ)」を探しに行ってのですが今回は見つかりませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 写真から学ぶ側面・・・、 | トップページ | 身近な秋いろいろ »