« 庭園の紅葉 | トップページ | 12月07日の夕焼け »

2015年12月 7日 (月)

大雪

今日(12/07)は、
二十四節気の『大雪(
タイセツ)』を迎えました。

大雪:北国では、雪も本格的に降り始める頃・・、

Img_5176a_r
当地では
冬のさなかに
雪降るときもある そんな程度です。
季節は
徐々に冬へと移りゆく ときなのだろう この頃です。
渋柿も
寒風と冬の陽射しに
甘柿へと変身して行く ときでもある・・・、

Img_5009_r
各地方に根付く
地酒の酒蔵では
酒造りも盛んになって来る季節。
待ちに待った
新酒をそのまま瓶詰めして出荷する
“ しぼりたて ”
も、そろそろ市場に出てくる頃です。
新酒ができると
写真の「杉だま」も
青々した新しい「杉だま」に付け替えられる。

年の瀬も
そろそろ視野に入ってきたこの頃
今日は『大雪』を迎えました。

季節の変化と共に
色々な風物詩が嬉しく思う。

カメラ:SX50 HS

« 庭園の紅葉 | トップページ | 12月07日の夕焼け »

季節」カテゴリの記事

コメント

干し柿が美味しそうです。
杉玉でしょう。奈良県桜井市の三輪神社(大神神社)は酒造りの神様が祭られています。で、杉玉は目にしています。
今日は暖かです。鉢物に水やりしました。

ribbon kazuyoo60さんへsign01
コメント有り難うございましたnote
bud寒風と陽射しにさらされて渋柿のなかにそんざいする「渋み成分」が溶け出さなくなるので、甘味、旨みを感じるようなると聞いたことがあります。これと似た現象で「紅葉」は秋の気温と共に葉の中に存在する「緑色」の成分が無くなるので、元々あった赤色成分が見られるようになり葉が赤くなると聞いたことがあります、「干し柿や紅葉」など色々な現象の訳が分かると面白いですね。
bud思い出しました神戸「灘の酒」や京都「伏見の酒」などの酒蔵の杉玉はおっしゃる三輪神社にてお祓いを受けての杉玉なのと聞いていました。関東では何処の神社でお祓いを受けるのかは判っていない私です。酒樽は杉板で作りますが、奈良吉野杉で作った酒樽はお酒を美味しくすると聞いたことがありますので、奈良は酒蔵にとって大切なところなのですね。もちろん奈良にも美味しい地酒が幾つもありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭園の紅葉 | トップページ | 12月07日の夕焼け »