« 花筏(ハナイカダ)が咲いてた! | トップページ | 散歩の出会い »

2016年5月10日 (火)

「野の花」庭に咲く!

この日(5/09)
今にも雨が降りそうなときのなかで撮った写真、
下手な写真ですがUPします。

(↓)budドクダミ [別名:ジュウヤク(十薬)] が
苞(
ホウ)を開いた、間も無く開花の雰囲気!
Img_0141_r
ドクダミ参考資料(撮影はH26年5月)↓
Img_3443b

(↓)budニワゼキショウ(庭石菖)
Img_0145_r

(↓)budムラサキカタバミ(紫片喰
Img_0146_r

(↓)budカハナユウゲショウ(赤花夕化粧)
Img_0137_r

(↓)bud「ハルジオン(春紫苑)」か「ヒメジオン(姫女苑)」です。
Img_0152_r_9
「ハルジオン」、「ヒメジオン」は
茎が空洞か無垢の違いと来たことがあるが、どっちがどうだか判ってない私。
私が見ても全く分からない「ハルジオン」と「ヒメジオン」。
・・・お花音痴の私、間違ってるかも!・・・

5月風薫る薫風のなかで
咲く「野の花」、懸命に命の限り花開く・・、
質素だけど美しく思う。

カメラ:S5 IS (参考写真カメラ SX50 HS)

« 花筏(ハナイカダ)が咲いてた! | トップページ | 散歩の出会い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どんぐりさん こんばんは。いつも有難うございます。

タイトルの通り お庭の 野の花の写真集ですか。
それぞれ 可憐で美しいですね。

五月は、五月晴れ 五月雨とか、明るい感じですが
大阪は毎日冷たい雨で、殺風景です。

ribbon ekoさんへsign01
コメント有難う御座いますnote
bud「野の花」も色々な品種があるようで我が家のは質素ですが、なかでも高山植物などは珍重されますし、町や街で咲くタンポポなどの野の花は沢山あるせいか じっくり見てもらえることが少ないのかなと思います。
・・・しかし、それぞれの生い立ちなどを調べると面白い経緯がある場合がありますね。高山植物は地球氷河期を先祖に今では高地に生きると聞いたことがありますし、外国から来て帰化した植物も沢山あるようですし 野の花も調べると色々面白いともいます。
budそうですね、当地でも「五月晴れ」など天候に恵まれた日は最近少ないですし今日は強風が吹きまくりましたし、夕方日の入りのころにやっと久々の夕焼けに出会いました。⇒当ブログのカテゴリー「空模様」にて毎日の夕空をUPしてますので最近の空模様の参考になれば幸甚に思います。

コメントを入れたつもりでした。
こちらを拝見してから、戴いた八重花のドクダミに蕾が出来てるのを確認してきました。
http://kininarurabbit.jp/794.html
上のサイトを見つけました。ハルジオンとヒメジョオン、茎が中空かどうか、一番分かりやすそうです。

ribbon kazuyoo60さんへsign01
コメント有難う御座います。そうでしたか! それは何度もコメントを書いていただいてありがとう!note
bud「八重のドクダミ」ってようくみると あの小さな黄色い花々の間から “苞” が幾重にも出ているので本当に不思議な光景ですね。
bud「ハルジオン」と「ヒメジオン」の見分け方をご丁寧に調べて頂いてURLまで付けて頂いて有難う御座います。一番簡単明瞭な見分け方(茎の断面が、空洞か否か)は可愛そうなのでやったことがありませんが、“葉” も微妙に異なってるようなので 私も見分けが付けられるほどまで詳しくなれるといいなと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花筏(ハナイカダ)が咲いてた! | トップページ | 散歩の出会い »