« 水墨画展 | トップページ | ユーモラスだね! »

2016年6月28日 (火)

紫陽花③

東京・王子
飛鳥山の紫陽花!

Img_7965_r

Img_7961_r_3

Img_7956_ra
この細道は
左手にJRの大動脈、
「東北本線」、「高崎線」、「京浜東北線」、「東北・上越新幹線」が引っ切り無しに行きかいする。
時には、
走り抜ける電車の風圧で 紫陽花が 揺れ動く・・・、

Img_7962_r Img_7954_r Img_7953_r

どこまでも続きそうな 紫陽花の咲く 細道・・、
紫陽花の右側は小山になっていて
そこは飛鳥山公園。

Img_7955_r

私の大好きな「おたふく紫陽花」
Img_7946_r

額紫陽花も大好き出す。
Img_7945_r

西洋紫陽花も負けじと 二色咲くわけ は珍しい!
Img_7932_r

Img_7963_r
写真を撮りながら細道を かなり奥まできて
ここで
Uターンして 元 来た方へ・・・、

Img_7980_r_2

Img_7968_r

Img_7976_ra

知る人ぞ知る
隠れた紫陽花の花道。
しかし
年々来る方が増えてる気がする、
単独行動の私だが
二人並んで歩くと もうそれで道幅は限度、
狭い道だから
なをさら良いのかもね!

カメラ:SX50 HS

« 水墨画展 | トップページ | ユーモラスだね! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先日、赤トンボ(ナツアカネ?)かなと一瞬見えたのですが、飛んで行って帰ってきませんでした。
道を狭くするほどのアジサイです。素晴らしい眺めですね。持っていませんが、遅咲きのお多福アジサイも良いですね。
>知る人ぞ知る
ホントに良い場所です。

素敵な紫陽花の通りですね~・:*:・(*´ー`*人)
何度も往復したくなりますね。
ひっきりなしの電車の音も気になりませんね。
むしろ、私は好きかも(*^。^*)

soccerjこんばんは。
いやあ、盛大に咲いていますね。
こちらのアジサイはすっかり元気が無くなってきてまして
ちょっと寂しい思いをしていました。
どんぐりさんのこのアジサイの写真で大いに楽しみましたです。

ribbon kazuyoo60さんへsign01
コメント有難う御座いますnote
budこのトンボは、私のブログにて写真デビューしたかったのかな(笑)と、私の勝手な解釈で写真におさめてブログUPです。なぜなら、何度も飛び上がっては戻ってきて同じ場所に停まってポーズをとってるかの様なので暫く見てた私ですが、トンボの繰り返す行動で写真に納めたんですよ、可愛いかったトンボです。
budそうなんですよ!狭い狭い小道でしてその脇をJRの列車や電車が通り過ぎますのでとても面白い場所でなんですよ、電車と紫陽花をいかに写真に取り込むかが私の課題でして、写真アングルに楽しさを覚えていますし、江戸の時代に飛鳥山は桜の名勝地でして、ここは歴史探索するときっと素敵な場所だと思っています。

ribbon ちえこさんへsign01
コメント有難う御座いますnote
bud私が子供のころ、良く遊んだところに近いので、懐かしさも手伝って心地よい場所です、近くには珍しい「紙の博物館」もありますし、江戸時代に旅の目印となった「一里塚」も残っていますし、ここ飛鳥の小道はJR添えに日暮里、谷中をへて上野公園の博物館まで続いてるので時間があればカメラ片手に歩いてみたい小道です。ここから反対側にあるくと東十条から赤羽を通って岩槻までつうづる小道なんですよ。もっとも現代ではこの小道も途切れ途切れですが、むかしの岩槻街道です。もう一本内陸寄りの道が中山道なので歴史に詳しい方でしたら素敵道と思います。
・・ちょうどお近くでは大國魂神社の付近、国道20号線が交通量が多いですが、旧甲州街道を歩くと色々な情緒を感じるようなものなのと同じかもです。
bud話が前後しましたが「紫陽花」良かったですよ、おっしゃるように何度も往復したくなる小道でした。

ribbon takacciさんへsign01
コメント有難う御座いますnote
bud昔はこんな私じゃなかったのですが、いつのころからかお花って素敵だなと思うようになって、今もなをお花音痴の私ですが、お花を写真に納めることが、すっかり心地良くなった私です。
ご承知のように
①「たつのこ山」細道の紫陽花
②同所「奥の細道」の紫陽花
③そしてここ飛鳥の小道の紫陽花
・・の三か所の紫陽花をUPさせていただきましたが、それぞれの場所にふさわしいような紫陽花の花がありました。
budおっしゃるように そろそろ紫陽花もピークを過ぎてきたのかもしれませんね。一年かけて懸命に花開くお花たち、紫陽花にしてもしかりでで、その美しさに見入ってしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水墨画展 | トップページ | ユーモラスだね! »