« カレー作りました。 | トップページ | 蛟蝄神社「奥の宮」 »

2016年7月18日 (月)

蛟蝄神社 「門の宮」

利根町にある由緒深き神社、

蛟蝄(こうもう)神社 「門の宮」に行ってみた!

格式高い鳥居が目に飛び込んでくる・・・、

Img_0599_r

手前の5段を登ると鳥居です。
Img_0579_r

Img_0581_r

鳥居を過ぎ、21段を登ると・・・、
Img_0582_r_2

趣のある石畳みの先に神社の屋代。
Img_0583_r

お賽銭を入れて
“ 元気に暮らせますように ” と 願いました。Img_0584a_r

賽銭箱の上、
欄間(?)の彫刻が凄い歴史を感じさせる!

Img_0586_r Img_0585_r Img_0587_r

参拝を終え
左へ回り込むと
何やら 後ろにも屋代が・・、

Img_0593_r

ありゃ!
後ろの屋代の方が立派に思える・・、

Img_0591_r

きっと
賽銭箱の屋代から
渡り廊下をへて
大奥に神様を祀ってるのだと思う!

Img_0592_r

神社お参りを済ませて階段まで戻ると
この神社の由緒が・・・、

Img_0600_r
Img_0596_r Img_0597_r Img_0602_r_16

Img_0601_r

ひなびた中にも
趣のある素敵な神社で
無信心な私でも
心清らかな気分になれたので参拝して良かった!

次ブログは「同神社 奥の宮」予定・・・。

カメラ:SX50 HS

« カレー作りました。 | トップページ | 蛟蝄神社「奥の宮」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

急な石段です。それもかなりの高さまででしょう。
由緒正しい神社、ひっそりと静まってるのが良いですね。

ribbon kazuyoo60さんへsign01
コメント有難う御座いますnote
bud写真だと急な階段に見えるのですが、そんなでもなかったのです。ただ足を乗せる「踏みしろ」とでも言うのでしょうか、その部分の水平度が石によって少しまちまちだったので階段を降りる際は少しばかり注意が必要でした。しかし、歴史の長さから考え合わせばその風雪を示してるのかもしれませんですね。
bud地元の方々に守られた氏神様なのかなと感じました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カレー作りました。 | トップページ | 蛟蝄神社「奥の宮」 »