« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

9月の空模様

suncloudrainthundertyphoonsuncloudrainthundertyphoonsun
9月「長月」の空模様

[写真はクリックで拡大します]

flag9月1日(木)[clock 5:58 pm、3枚連結写真]。run7,455歩
Img_2389_rabcz
付録⇒Img_2390_r

flag9月2日(金)[clock 5:48 pm、3枚連結写真]。run7,909歩
Img_2401_rabcz
付録⇒Img_2402_rImg_2403_r台風12号南洋上から九州へ向かう。 

flag9月3日()[clock 5:46 pm、cloud 3枚連結写真]。run6,291歩
Img_2439_rabcz
台風12号、九州接近。

flag9月4日()[clock 5:43 pm、 3枚連結写真]。run7,047歩
Img_2492_rabcz
台風12号,正午NHK/TVImg_2450_r_4付録⇒Img_2493_r。月Img_2499_r_4

flag9月5日(月)[clock 5:59 pm、3枚連結写真]。run7,036歩
Img_2530_rabcz
台風12号、正午ころ 対馬沖洋上 熱低に! 付録⇒月Img_2532_r

flag9月6日(火)[clock 5:56 pm、3枚連結写真]。run6,741歩
Img_2558_rabcz
updown   updown   updown
Img_2558_rabcz2
台風13号南洋上、NHK・TVImg_2570_r。 付録⇒月Img_2560_r

flag9月7日(水) “白露” [clock 5:26 pm、3枚連結写真]。run10,294歩
Img_2575_rabcz
付録⇒Img_2577_r。 月7:20pmImg_2589_r。 台風13号紀伊半島沖、NHK・TVImg_2594_r


flag9月8日(木)[clock 5:37 pm、cloud 3枚連結写真]。run9,341歩
Img_2647_rabcz_2

台風13号は未明に「温帯低気圧」。しかし天候はヒステリックな変化。

flag9月9日(金)[clock 5:38 pm, 3枚連結写真]。run8,893歩
Img_2733_rabcz
付録⇒月Img_2743_r

flag9月10日()[clock 5:42 pm、 3枚連結写真]。run9,820歩
Img_2829_rabcz2
付録⇒Img_2830_rImg_2832_r。 月9:47pmImg_2851_r_10

flag9月11日()[clock 5:50 pm、 3枚連結写真]。run8,881歩
Img_2870_rabcz
付録⇒Img_2861_r

flag
9月12日(月)[clock 5:47 pm, cloud 3枚連結写真]。run4.834歩
Img_2877_rabcz
南洋上に台風14号15号16号あり。天候不安定。

flag9月13日(火)[clock 4:55 pm, cloud 3枚連結写真]。run6,170歩
Img_2880_rabcz

南洋上に台風14号16号あり。天候不安定。

flag9月14日(水)[clock 5:24 pm,  3枚連結写真]。run12,705歩
Img_2945_rabcz

付録⇒月6:09pmImg_2954_r南洋上に台風14号16号あり

flag9月15日(木)[clock 5:36 pm, cloud 3枚連結写真]。run9,161歩
Img_3006_rabcz

付録⇒曇りで見えず中秋の名月10:16pm雲間から薄っすらとImg_3008_r16日1:00am Img_3029_r_15
南洋上に台風16号あり

flag9月16日(金)[clock 5:24 pm, cloud 3枚連結写真]。run13,117歩
Img_3052_rabcz

台風16号 沖縄接近。 付録⇒月6:43pmImg_3057_r・10:03pmImg_3061_r_16

flag9月17日()[clock 5:40 pm、cloud 3枚連結写真]。run5,110歩
Img_3076_rabcz
台風16号 沖縄付近。

flag9月18日()[clock 5:40 pm、cloud 3枚連結写真]。run9,095歩
Img_3100_rabcz
台風16号予想図、NHK・TV Img_3109_r

flag9月19日(敬老の日[clock 2:56 pm, rain 3枚連結写真]。run7,645歩
Img_3115_rabcz

台風16号九州、NHK・TV Img_3132_r_19

flag9月20日(火)[clock 1:50 pm, rain 3枚連結写真]。run4,311歩
Img_3138_rabcz2
台風16号静岡、NHK・TV Img_3147a_r午後9時過ぎ「温低」に!

flag9月21日(水)[clock 5:34 pm, cloud 3枚連結写真]。run8,596歩
Img_3218_rabcz

flag9月22日(木)[clock 4:33 pm, rain 3枚連結写真]。run4,051歩
Img_3221_rabcz

flag9月23日(金)[clock 3:41 pm, rain 3枚連結写真]。run6,749歩
Img_3231_rabcz

flag9月24日()[clock 4:45 pm、cloud 3枚連結写真]。run9,018歩
Img_3282_rabcz
候不安定:cloud、昼rainraincloud、夜cloud

flag9月25日()[clock 5:14 pm、3枚連結写真]。run5,676歩
Img_3297_rabcz
南洋上に台風17号あり

flag9月26日(月)[clock 5:15 pm, 3枚連結写真]。run9,363歩
Img_3493_rabcz_2
南洋上に台風17号あり

flag9月27日(火)[clock 5:27 pm, 3枚連結写真]。run6,357歩
Img_3520_rabcz
台風17号,台湾から中国へ・・。

flag9月28日(水)[clock 4:04 pm, cloud 3枚連結写真]。run10,998歩
Img_3529_rabcz
台風17号温帯低気圧に。南洋上に台風18号あり

flag9月29日(木)[clock 5:40 pm, cloud 3枚連結写真]。run13,040歩Img_3562_rabcz
南洋上に台風18号あり

flag9月30日(金)[clock 5:19 pm, cloud 3枚連結写真]。run8,358歩
Img_3577_rabcz
台風18号 矛先を沖縄方面に向ける

今月は上記写真をみても分かるかと思いますが
晴れた夕空はあまり望めませんでした。
10月は是非 好天気が続くといいなと思っています。

今月も
私の拙いブログをご覧いただき有難う御座いました感謝申します。

カメラ:SX50 HS

2016年9月29日 (木)

里の秋

“里の秋”

なんだかんだ言っても9月もそろそろ終盤になってきましたね!。

ところで、
昨日の「西蓮寺と曼珠沙華」を見た後で

隣接する里山へと足を延ばすと・・、
いやいや
素敵な里が一面に広がってる。

無意識のうち
曼珠沙華の小径に誘われてか否かは分かりませんが
その先に見える
“ 収穫稲穂の天日干し ” の光景に心惹かれて、、、

Img_3413_r

Img_3419_r

Img_3424_r

Img_3426_r

Img_3438_ra

Img_3441_r

Img_3449_r

Img_3466_r

柿と曼珠沙華と藁ぼっち! あッ、案山子も!
Img_3473_r

曼珠沙華と稲の天日干し のコラボが素敵な秋の里山風景を醸してます。
Img_3478_r

まだまだ
稲の刈り取りが盛んな季節です。

Img_3479_r

茨城県行方市西蓮寺504番地 界隈に

日本の里、原風景を見つけました(二つ目の里風景です)

一つ目の里風景は、先日の「結縁寺の前にどこまでも広がる田園風景)

カメラ:SX50 HS

2016年9月28日 (水)

西蓮寺と曼珠沙華

“ 西蓮寺と曼珠沙華 ”

茨城県行方(ナメカタ)市に佇むお寺さん「西蓮寺」。
・・と、そのこ
曼珠沙華が綺麗とNHK・TVでスポット映像が流れたので行ってみた!

まづは「仁王門」
Img_3356_r_26
Img_3357_r_2 Img_3359_r

本堂にてお参りをしました。
Img_3487_r_2

結構、由緒あるお寺さんのよう!
Img_3486_r

大きな大きな「銀杏の木」が2本。
葉が黄色になって落葉がまた綺麗と聞きています。

Img_3366_r_2

隣接する丘陵地帯に一面の曼珠沙華が鮮やか!
Img_3361_r Img_3364_r

窪地にも、広がる曼珠沙華!
Img_3379_r

下りて行ってみる・・・、
Img_3385_r

Img_3386_r Img_3397_r

Img_3400_r

奥までいって、振り返って見る!
Img_3406_ra

曼珠沙華が
半端なく群生してるさまは圧巻そのもの!

中には
純白の曼珠沙華も!

Img_3485_r

秋のお彼岸が終って
昨日UPの「結縁寺」、今日の「西蓮寺」など
それぞれの趣があっての
お寺さん参りと曼珠沙華の撮影ができましたこと
間接的直接的に
情報提供してくださった皆様、私のブログをご覧いただいてる皆さま
そして
お寺さんを盛り立ててる皆さまに感謝申します。
有難う御座いました
気分爽やかになりました。

カメラ:SX50 HS

2016年9月27日 (火)

結縁寺の曼珠沙華

千葉県印西市、結縁寺の曼珠沙華(彼岸花)!

今、見ごろを迎えています。

Img_3351_r

参道に咲く 曼珠沙華 は 道あかりのよう!
Img_3316a

Img_3334_r

Img_3340_r

Img_3330_r

Img_3332_r

Img_3319_r

Img_3348_r

今年も
お参りをして
曼珠沙華を撮ってまいりました。
毎年
繰り返しの行動ですが・・、
それを
出来る事って幸せな事かもしれません。

多くの方(カメラマン)がお見えになってましたので
風景だけのシャッター 結構大変でした。

カメラ:SX50 HS

【追加写真】
Img_3306_r Img_3323_r Img_3322_r
参道の脇の蓮池に咲いていた「こうほね(河骨)の花と種。

2016年9月26日 (月)

熱帯魚のエアーポンプ

熱帯魚の空気泡を出す「エアーポンプ」の動きが低下してきたのでメンテナンスしてみた!

(↓)オレンジ色の楕円の中、空気が泡状に浮かび上がってるのですが「糸みたく」写ってしまいました。
・・・で、その泡が,設置
当初より少なくなってきた!
Img_0028_ra

早速
エアーポンプをメンテナンスすることに・・・、
(エアーポンプの表裏)

Img_0032_r_2 Img_0033_r_2

(↓)バラしてみました。
:電気コイル
:コの字型鉄心
(Aに交流電量が流れると、コの字型鉄心が電磁石になる。交流なのでS・N極が毎秒50回入れ替わる)
:永久磁石。
(Bの電磁石のSN極が50/sec変動するので「C]が同数上下する)
D:ゴム製の「ポンプふた」が上下して・・、
E:逆流防止弁。Eを通って空気が矢印のルートで流れる。

Img_0034_r

(↓)「E 」がその弁(一つは裏側なので写真では見えてません)
Img_0035_ra

弁を分解して通気穴に詰まった埃を取り除く。
Img_0036_ra

外側の空気取り入れ口にあるフィルターも掃除します。
(脱着した写真)

Img_0037_r Img_0038_r

通電してみると
電磁石によって永久磁石のアームが良く振動してます。

Img_0039_r

よって、熱帯魚に送る気泡も増えました。
Img_0043_ra

※泡の比較[メンテ前(左)とメンテ後(右)]
Img_0043_rb

上手くできてよかったです。

ちなみに
関東は50Hzなので、ポンプの振動は毎秒50回。
関西は60Hzなので、ポンプの振動は毎秒60回。

以上、おわり!

カメラ:S5 IS

2016年9月24日 (土)

雨に歩けば・・、

雨の合間をぬって

「たつのこ山」、治療散歩。 

いま
「たつのこ山」ではヒガンバナがあちこちに咲いていて
とっても
楽しませてくれる・・・、

Img_3159_r_2

(↓)黄色い花の「ホソバウンラン」も “ ヒガンバナとツーショット ”!
Img_3162_r

水たまり

 映す姿は

 彼岸花

Img_3199_r

(↓)何だか、一家団欒の雰囲気を感じましたよ!
Img_3207_r_2

たつのこ山で
今回
初めて見つけた「クズの花」、とってもいい香りが漂っています。

Img_3177_r Img_3178_r

ヒガンバナ
雨の水滴が趣を増して健気に咲いて
います。

Img_3233_r Img_3237_r Img_3240_r

彼岸花

 雨の水滴

 イヤリング

Img_3241_r Img_3245_r

Img_3255_r

Img_3272_r

Img_3267_r

Img_3275_r

たつのこ山の山肌と周辺に咲く ヒガンバナ は野の草たちに交じって懸命に咲いていました。

カメラ:SX50 HS

2016年9月23日 (金)

少し秋に・・、

今季、
初の通電サインで、熱帯魚水槽のヒーターが入ったのです。
(ちなみに、気温が高いときは通電ランプは点灯しません)
それだけ
気温が下がってきたのと思います。

Img_3150_r_21

Img_3149_r_21

Img_3222_ra

・・・、

雨あがりの合間をぬって散歩、
「たつのこ山」のすそ野で、足元に銀杏を見つけました。

Img_3213_r

見上げると
沢山 銀杏の実がたわわに・・・、

Img_3214_r
しかし
見る限りでは、誰も拾う方はいない様子でした!

こうして
少しづつ 少しづつ
秋は深まりの色を染めてゆくのでしょう この季節。

カメラ:SX50 HS

2016年9月22日 (木)

秋分

今日(9/22)は二十四節気の『秋分(シュウブン)』を迎えました。

一般的に「秋分の日」の方が通りが良いかもしれませんね!

秋分:秋の半ばなり!

8月7日 に立秋を迎え、
9月22日の今日は秋の半ばなり。
これから
晩秋へと秋も一層 色濃くなってゆくことでしょう!

Img_3190_r

Img_3171_r

夜なべに

鳴く コオロギ達の声も

心なし

細々となりしこの頃・・、

昼と夜が半分づつ の今日

これからは

夜の時間がすこしづつ 長くなる

灯火親しむ季節 の入り口、

今日は「秋分」を迎えました。

カメラ:SX50 HS  (撮影:9/21 たつのこ山にて)

2016年9月21日 (水)

鎌ケ谷絵画サークル合同展

鎌ケ谷絵画サークル合同展。

(絵の展覧会です)

・アトリエ油彩の会
・楽しく描こう会
・鎌ケ谷パレットの会
・ちょっとスケッチの会
・鎌ケ谷市絵画同好会
・With the hear
の皆さんの作品 計93点の展示会でした。

Img_3141_r

Img_3139_r_20

Img_3140_r

手に持つ筆に思いを伝え描く絵画
一つの作品を完成させるまでには幾たびの時間を費やすことだろうと思う。
それだけに
それぞれの作品を拝見できるのが
何よりの
楽しみな私です。

カメラ:SX50 HS

2016年9月19日 (月)

異国を走った蒸気機関車

昭和10年、日本生まれ

旧満州を走った機関車があると

散歩仲間が教えてくれたので行ってみた!

Img_2885_r

きらくやまふれあいの丘公園内に機関車がありました。

Img_2883_r

Img_2884_r

日本製とはいえ

結構

異国情緒をもった

ダイナミックな機関車だ!

Img_2888_r

Img_2894_r

Img_2895_r

Img_2904_r

Img_2905_r

軌道幅は広軌の様子

日本のJR線路幅より広い線路幅・・、

Img_2907_r

Img_2886_r

機関車の前に

旗のポールが3本あるので

ポールと機関車の間に立って

3枚連続写真を撮って繋げてみた(↓)が、うまく繋がらなかった!

Img_2899_rabcz

諸々のデーター(↓)。
Img_2889_r

昭和10年
日本製造で満州を走った機関車、

日本の
有志達の力添えがあって
いま
きらく山公園でその勇壮な姿を見せていてくれます。

参考資料(↓)
http://1000enpark.com/park/ibaraki/tsukubamirai/kirakuyama.html

カメラ:SX50 HS

2016年9月18日 (日)

観察の森⑤

今日の観察の森は・・・、

budやっと見つけました、「ゲンノショウコ(現の証拠)」。
ご存じ、整腸剤に用いる薬草です。
(お花は6 mmほどの小さな花です)

Img_2961_r
Img_2960_r
Img_2965_r
(↑)ゲンノショウコの別名「ミコシグサ(御輿草)」。
それは花の後、実が熟すと神輿を思わせる姿になるので!

budミズヒキ(水引)。
熨斗(のし)などに懸ける紅白の水引が名前の由来です。

(お花は7¥1~2mm ほどの小さな連花です)
Img_2962_r
Img_2964_r

budキンミズヒキ(金水引)。
熨斗袋(のしぶくろ)につける金色の水引にみたてたもの。

(お花は3~4 mmほどの小さな連花です)
Img_2773_r

budワレモコウ(吾亦紅)。
(一粒が5 mmほどの小さな粒です)
Img_2992_r
Img_2993_r
※すぎもと まさと さんが歌う「♪吾亦紅」と言う歌が印象的です。

budヤブラン(薮蘭)。
先日UP したヤブランは細々してましたが、
ここの「ヤブラン」は ぽっちゃりタイプ。

Img_2813_r_2
Img_2814_r_10_2

観察の森①~⑤にて
今回出会ったお花たち終了です。

また、時を改めて
ゴンノショウコの別名「ミコシグサ(御輿草)」の
“種” を付けた姿、その様子に出会えればUPしたいと思っています。

カメラ:SX50 HS

2016年9月17日 (土)

観察の森④

今日の自然観察の森は・・・、

“女郎花男郎花”

まづは,
皆さんご存知の

bud 「オミナエシ(女郎花)」。

Img_2990_ra_3

Img_2985_r_2

Img_2786_r

次に
私は先日 この名前を知ったのですが
bud「オトコエシ(男郎花)」。

Img_2969_ra_2

Img_2970_r

Img_2973_r

(↓)オミナエシ(女郎花)とオトコエシ(男郎花)を並べてみました。
Img_2973_rab
※世の中には、お花の名前も ペアなものがあるんですね!

おまけ
bud「ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)」

Img_2999_r_15 
ゴボウ(牛蒡)と言っても
この「
「ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)」は、根っこは有毒だそうですので食べちゃダメ!。

「観察の森」、実に色々な植物がありますので楽しい所です。

カメラ:SX50 HS

【あとがき】
以前、写真に「オトコエシ」と記した記事を載せたことがありましたが、今回の写真が正しいです。

この度、「観察の森」内で「オトコエシ」を写真に撮っていた時、すぐ隣に「ヒヨドリバナの花(花は終わってましたが・・、)」の[写真と立て札]Img_2976_r が残っていて、私の以前の記事写真は「ヒヨドリバナ」かもしれませんのでお話ししておきます。

2016年9月16日 (金)

観察の森③

今日の「観察の森」は・・・、

bud大好きな「白山菊」。
森の中で
小っさな あどけないお花が静かに咲く姿が素敵です。

Img_2779_r

budヤマハギ(山萩)。
一般的に言う「萩」とでは
ヤマハギは花数が少ないのでしょうか!?
良く解ってない私です。

Img_2784_r

Img_2785_r

budくず(葛)。
とっても心地良い香りがしてます。
根っこは葛根(かっこん)として解熱薬として用いる。

Img_2778_r
(↑)イメージがつかみにくいので、
他所にて
判りやすい写真を撮ってきました(↓)。
(花色は下記写真が酷似)

Img_2917_r

茨城・牛久市にある
「自然観察の森」は見るだけで採取厳禁ですが・・・、
散歩すると楽しい所です。

カメラ:SX50 HS

2016年9月15日 (木)

観察の森②

今日の「観察の森」は・・・、

budツリガネニンジン(釣り鐘人参)、別名「ツリガネソウ(釣り鐘草)」
 右写真:「指先と花」大きさ比較
Img_2769_r Img_2770_r
ツリガネニンジン追加写真(↓)。花色は上記が酷似してます。
Img_2977_r


budウド(独活)
  右写真:「指先と花」大きさ比較
Img_2771_r Img_2772_r
(↑)諺の「ウドの大木」とは,
“大きいだけで役に立たないもののたとえ” ですが、

ウドは木ではなく多年草です。
春に出回るウドは,土をかぶせてモヤシ状に栽培したものです。

budアザミ(薊)
Img_2775_r
アザミを見ると歌を思い出します、
♪あざみ の歌(↓)
https://www.youtube.com/watch?v=DW4upkF_aBY
何故か
私の好きな歌です。

では また!

カメラ:SX50 HS

2016年9月14日 (水)

観察の森①

先日の晴れた日のこと・・、
牛久自然観察の森に行ってみた。

目に飛び込んできたのが
「ゴンズイ(権萃)」の赤くなった実。

Img_2750_r_10

Img_2751_r
もう 大分 熟れてきて
来月には
もう少し赤い実が開けて
中から
真黒な種が見えて もっと可愛くなる・・・

Img_2752_r
※この赤い実の「ゴンズイ」はお花音痴の私が一度で覚えた実です。
なぜなら
海に「ゴンズイ(権瑞)」と言う 群れをなす小魚がいるのを知ってたので、
同じ名前にビックリしたので・・・。
しかし
同じ発音名前でも漢字で書くと異なります、参考までに!

・・・、
変わって
足元に爽やかに群生していた「ツルボ(蔓穂)」が小さな秋を演出!

Img_2756_r

Img_2757_r

Img_2761_r
ツルボは山野草で
比較的 日当たりの良い場所を好むお花だそうです。

暑い暑いと言ってるうちに
9月も半ば
いつの間にか
秋の色合いが出てきた自然界ですね・・。

カメラ:SX50 HS

2016年9月13日 (火)

落花生

久々に

観察の森へと

車を走らせてると

落花生の畑が目に留まりました。

Img_2748_r_10

おお~ッ!

もう収穫の時期になってきたんだな!

小さな
秋を感じます。

Img_2749_r_10

写真の状態だと

落花生は

まだ 生なので硬いけれど湿ってたと思います。

暫くすると

この抜いた「落花生の株」を

タワー状に積み上げて

乾燥させる光景に変わりますが・・・、

その後は

殻付き豆のまま煎るのでしょうか???

良くは分かってない私ですが

製法はさて置き、

殻を

“ パリッ! ”

っと 割って食べる落花生 美味しいくて大好きです。

カメラ:SX50 HS

2016年9月12日 (月)

その後、今は!

bud
8月上旬に咲いてた
心和らぐ素敵な香りのお花「クサギ(臭木)」(↙)。

Img_1630_ra
その後
花とは似つかないけれど
9月の今は
こんな実(種?)を付けていました(↓)。

Img_2627_r

・・・、
bud
8月上旬に咲いていた
ややこしいお花「カラスウリ」(↙)。

Img_1968_ra
その後
9月になって今現在(↓)

Img_2620_r Img_2632_r
お花の数だけ実が生っていました!
もちろん
これから だんだんと
ご存じの
真っ赤な「カラスウリ」に変化していく・・、

お花
その後を追いかけても面白いですね!

カメラ:SX50 HS

2016年9月11日 (日)

ゆうがお

知人宅で

「ゆうがお(下方に追記あり が咲いたというので

夕刻に見に行ってきました。

写真:上1枚、フラッシュたきました。
写真:下2枚、フラッシュ無しです。

Img_2838a_r

道路に面した生垣に沢山 咲いてました。

花一輪の大きさは
いずれも 10cmを越す大きな花でした。

Img_2845_r Img_2846_r

夕刻 6時をはるかに回ってましたので

薄暗い中での写真、

上手く撮れませんでしたが

「ゆうがお」の雰囲気だけでも

ご覧いただけたなら幸いです。

花の開きかける時は

とっても 良い香りが辺り一面に広がるそうです。

初めて見る

「ゆうがお」に嬉しさを覚えました。

※【追記】
今回の記事は、大別して{「ゆうがお」}なのだそうですが、現在は・・・、

畑で作る「ユウガオ」と言う植物の実を加工して「かんぴょう」の原料にする方の植物を「ユウガオ」と呼ぶそうです。

で、今回の記事{園芸種の「ゆうがお」}は、今は『ヨルガオ』として区別されてるようです。

・・・なので、今回の記事のお花は『ヨルガオ』とした方が通りが良いのかな!? とも思います。

この度も、
ブログ友『
gardening 2 さん』のコメントを参考にさせていただいての追記です。
kazuyoo60さん お力添えにて勉強ができたこと嬉しく思っています、有難う御座いました。

カメラ:SX50 HS

2016年9月10日 (土)

無くなってた!

7月9日のブログの中で紹介した
市民健康の森にあった
マムシグサ(↓)

Img_0213_ra

その「マムシグサの実」が

そろそろ

赤くなってる頃なので

行ってみたら

跡形もなく姿を消していた。

どうしちゃったのかな!?

ガッカリ!!

・・・、

代わりに

目についたのが

「ヤブラン」!? 

多分「ヤブラン」と思う(↓)。⇒「ヤブラン」で正解でした♪!
Img_2477_r Img_2478_r Img_2479_r
Img_2474_r

その ヤブラン の横で

ちょこっと

目に入ったのが

ブルーの実を付けた草を見つけた!

例によって

名前は知らない私。

でも

宝石みたいな素敵なブルーの色

神秘的!

※「ホウチャクソウ」(↓)
Img_2475_r
Img_2476_r
(↑)ブログ友『gardening 2 さん』が「ホウチャクソウ」と知らせてくれました。
いつもいつもお世話になりっぱなしですが、嬉しく思っています、
kazuyoo60さん ありがとう!

参考
7月9日のブログ(↓)

http://blue-sky136s.cocolog-nifty.com/aozoradonguri/2016/07/post-ac32.html

カメラ:SX50 HS

2016年9月 9日 (金)

ぎんなん

ギンナン(銀杏)。イチョウ(銀杏)。

ギンナンもイチョウも漢字だと「銀杏」。

いつも

不思議に思う読み方だ!

国語研究はさて置き

市内、
とある「神社」の銀杏(
イチョウ)の木

“ ギンナン ” が鈴なりです。

Img_2467_r_2

詳しくは知りませんが
幹の上部が芯だけになってるが
ギンナンは
鈴なりでした。

Img_2465_r

Img_2466_r

ギンナンは

ご承知のように “種” を取り出すのに少々の手間がかかるが

新鮮なギンナンを焼いて

熱っち熱っち ふうふう して

取り出した中身に

醤油を

ちょこっと付けて

食べると

ほっぺたが落ちそうなぐらい旨い!

秋って

実る食べ物が旨い季節、楽しいですね!

カメラ:SX50 HS

2016年9月 8日 (木)

始まりました!

まだ

ほんの一部ですが・・・、

早い所では

稲刈りが始まりました!

Img_2454_r

Img_2455_r

Img_2468_r

稲穂拡大の写真(2枚目)をみると

写ってる稲穂のお米で

ご飯茶碗一杯になるのかな!?

そう思うと

ご飯粒は大切だ!。

思い出したが

以前に

ご飯お茶碗一杯のお米は

稲穂15本ほど

と聞いたことがある・・・。

農業「稲作」は
秋の種もみから春に苗床にて発芽、田植え、秋に収穫、、、

・・・考えれば1年掛けての作業。

そう思うと
ご飯粒はありがいですね!

カメラ:SX50 HS

2016年9月 7日 (水)

白露

今日(9/07)は、二十四節気の『白露(ハクロ)』を迎えました。

白露:大気が冷え、明け方などの草木に露が宿り始める頃。

Img_2511_r

地球温暖化の現象があるのでしょうか、

まだまだ蒸し暑い日々を感じられますが

朝晩には

真夏にはなかった心地よさの気温になってきました。

昼間は

まだまだ暑い日々が続くのでしょうが

夜お休みになるときは

寝冷えなどしませんよう気を付けたいものです。

なにはともあれ

今日『白露』を迎えました。

カメラ:SX50 HS

2016年9月 6日 (火)

ニラの花

いよいよ

我が家の

ニラの花が見ごろになってきました!

Img_2442_r_4

Img_2446_r

Img_2449_r

こんとんとしてる

世の中、

それでも

純白の花を

清らかに咲かす

ニラの花

今年も

教わるものがある

荒んだ我心を救ってくれる・・・、

カメラ:SX50 HS

2016年9月 5日 (月)

サルスベリ」の花

サルスベリの花。

木の幹がつるつるなので

「お猿さんも木から滑ってしまう」ほど幹がつるつる。

・・と、言うのが この木の語源のようだ!

しかし

サルスベリを「百日紅」って書くことが多いような気がする。

調べてみると

和名:サルスベリ⇒「猿滑」

別名:ヒャクジツコウ⇒「百日紅」(長いこと咲く のでついた名前)

・・・と、説明がされてる。

なので
「百日紅」と書いて「サルスベリ」と読むのは当て字なのかも!?

いずれにしても面白い名前をもらった木だと思う。

Img_2451_r_4

Img_2453_r

Img_2470_r

サルスベリ(猿滑)、別名:ヒャクジツコウ(百日紅)、

100日も長く咲くイメージの花

しかし

実際には100日間も咲いてるわけじゃなくて

“ ひらひら素敵なお花が ”

次々と咲いて

長い期間 咲いて楽しめるお花「サルスベリ」なのです、

花の名前って面白いなと思う!。

【追記】百日紅の幹(↓)
Img_2506_r


カメラ:SX50 HS

2016年9月 4日 (日)

小さな秋みつけた!

いつもの治療散歩・・・、

「たつのこ山」すそ野、 小川のほとり 藪の中に・・・、

「ムラサキシキブ」?⇒『コムラサキ』
Img_2415_ra

Img_2416_r

Img_2419_r

Img_2428_r

「シロシキブ」
Img_2425_r

Img_2426_r

今季初の出会い
「彼岸花」が開き出しました。

Img_2432_r

たしか
「イモギク」って言ったかな!?⇒『キクイモ』

Img_2434_r

※この度も、「花名」二か所訂正しました。
御多分に漏れずブログ友『
gardening 2 さん』からのお助けを頂きました。
確か以前にも聞いていたのにお花音痴もそうとうな私で、kazuyoo60さんには感謝してます、ありがとう!

「ムラサキシキブ」、「シロシキブ」、「彼岸花」、「イモギク」

「コムラサキ」、「シロシキブ」、「彼岸花」、「キクイモ」

・・・などに出会い、小さな秋を見つけた気分です。

カメラ:SX50 HS

2016年9月 3日 (土)

あれッ!?

あれッ!
どこ行った私の巣!!

先日ブログで紹介した写真(↓)下記3枚。
Img_2075_raImg_1599_rImg_2235_r
台風で折れちゃった松の木。

・・・、

今日、カラスが飛んできて・・・、

“ あれッ!
 どこ行った私の巣!? ”

Img_2398_r
  updown  updown  updown
Img_2398a_r

・・・と、カラスが思ったかどうかは定かでないけど

そんな風に見えました。

カメラ:SX50 HS

2016年9月 2日 (金)

9月になり早や二日目

月日の経つのは

早いものですね!

9月に入って

早や二日目になってしまいました。

Img_2333_r_28

一番、日の長いときから比べると 小1時間も短くなってきました。

その分

夜が長く なって

灯火親しむ季節へと・・・、

カメラ:SX50 HS

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »