« 雨に歩けば・・、 | トップページ | 結縁寺の曼珠沙華 »

2016年9月26日 (月)

熱帯魚のエアーポンプ

熱帯魚の空気泡を出す「エアーポンプ」の動きが低下してきたのでメンテナンスしてみた!

(↓)オレンジ色の楕円の中、空気が泡状に浮かび上がってるのですが「糸みたく」写ってしまいました。
・・・で、その泡が,設置
当初より少なくなってきた!
Img_0028_ra

早速
エアーポンプをメンテナンスすることに・・・、
(エアーポンプの表裏)

Img_0032_r_2 Img_0033_r_2

(↓)バラしてみました。
:電気コイル
:コの字型鉄心
(Aに交流電量が流れると、コの字型鉄心が電磁石になる。交流なのでS・N極が毎秒50回入れ替わる)
:永久磁石。
(Bの電磁石のSN極が50/sec変動するので「C]が同数上下する)
D:ゴム製の「ポンプふた」が上下して・・、
E:逆流防止弁。Eを通って空気が矢印のルートで流れる。

Img_0034_r

(↓)「E 」がその弁(一つは裏側なので写真では見えてません)
Img_0035_ra

弁を分解して通気穴に詰まった埃を取り除く。
Img_0036_ra

外側の空気取り入れ口にあるフィルターも掃除します。
(脱着した写真)

Img_0037_r Img_0038_r

通電してみると
電磁石によって永久磁石のアームが良く振動してます。

Img_0039_r

よって、熱帯魚に送る気泡も増えました。
Img_0043_ra

※泡の比較[メンテ前(左)とメンテ後(右)]
Img_0043_rb

上手くできてよかったです。

ちなみに
関東は50Hzなので、ポンプの振動は毎秒50回。
関西は60Hzなので、ポンプの振動は毎秒60回。

以上、おわり!

カメラ:S5 IS

« 雨に歩けば・・、 | トップページ | 結縁寺の曼珠沙華 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

器用になさいました。空気が足りないと、エンゼルフィッシュたちが可哀想です。喜んでいることでしょう。

ribbon kazuyoo60さんへsign01
コメント有難う御座いますnote
bud観賞魚の水槽は見た目に良いようにエアーポンプで気泡を出すことがあるんですが、一般的には水を循環ろ過してる水槽の場合は「気泡」は出さなくても良いのです。しかし我が家の場合は魚(エンゼルフィッシュ)が多く入りすぎてるので魚の呼吸も多く水中の溶け込んでる酸素が足りなくなるので補いで「泡ぶくぶく」してるんです。 ・・で、エアーポンプの機能が落ちて気泡が少なくなってきたのでバラしてリフレッシュしたわけなんです。
bud我が家で孵化させて育てたエンゼルフッシュは生まれたのが122尾でしたが、熱帯魚やさんに大分引き取ってもらって、家に残ったエンゼルが60尾ぐらいだったかな!
エンゼルの平均寿命が4~5年(我が家のエンゼル、H23年11月22日生まれ)なので天国に行ったのもぼつぼつ出てきて、今では30尾ほどになっていますが、強い個体が残るので現存エンゼルは皆元気です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨に歩けば・・、 | トップページ | 結縁寺の曼珠沙華 »