« 無くなってた! | トップページ | その後、今は! »

2016年9月11日 (日)

ゆうがお

知人宅で

「ゆうがお(下方に追記あり が咲いたというので

夕刻に見に行ってきました。

写真:上1枚、フラッシュたきました。
写真:下2枚、フラッシュ無しです。

Img_2838a_r

道路に面した生垣に沢山 咲いてました。

花一輪の大きさは
いずれも 10cmを越す大きな花でした。

Img_2845_r Img_2846_r

夕刻 6時をはるかに回ってましたので

薄暗い中での写真、

上手く撮れませんでしたが

「ゆうがお」の雰囲気だけでも

ご覧いただけたなら幸いです。

花の開きかける時は

とっても 良い香りが辺り一面に広がるそうです。

初めて見る

「ゆうがお」に嬉しさを覚えました。

※【追記】
今回の記事は、大別して{「ゆうがお」}なのだそうですが、現在は・・・、

畑で作る「ユウガオ」と言う植物の実を加工して「かんぴょう」の原料にする方の植物を「ユウガオ」と呼ぶそうです。

で、今回の記事{園芸種の「ゆうがお」}は、今は『ヨルガオ』として区別されてるようです。

・・・なので、今回の記事のお花は『ヨルガオ』とした方が通りが良いのかな!? とも思います。

この度も、
ブログ友『
gardening 2 さん』のコメントを参考にさせていただいての追記です。
kazuyoo60さん お力添えにて勉強ができたこと嬉しく思っています、有難う御座いました。

カメラ:SX50 HS

« 無くなってた! | トップページ | その後、今は! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昔はユウガオと呼んでいました。沢山咲いてお上手ですね。子供のころに咲かせていました。肉厚の上品な花、思い出します。
同じ呼び名のユウガオは若い実を干瓢にしたり、過熟したのは入れ物にしたりです。
http://www.biwa.ne.jp/~futamura/sub62.htm
こちらの花、今はヨルガオで載ることが多いです。
http://sodatekata.net/flowers/page/848.html

どんぐりさん こんにちは。何時も有難うございます。

夕顔・・・夕方ひっそり咲く と言うイメージですね。
源氏物語の夕顔も、地味で静かですね。

9月も11日ですが、蒸し暑い大阪です。

ribbon kazuyoo60さんへsign01
コメント有難う御座いますnote
budそうなんですか!? 昔は「ユウガオ」でOKだったんですね! ・・で、今は「ユウガオ」と言うと “ かんぴょう ” の原料の植物を指す意味合いが強いのでしょうか! 言われれみれば「かんぴょう」の原料になる植物を「ユウガオ」と聞いたことがあります。
・・で、今回のお花 今は「ヨルガオ」と呼ぶ方が通りがよいんですね!
budこの度もご丁寧な説明を有難う御座いました、私自身も勉強が出来たこと嬉しく思っています。幾つになっても勉強ですもんね、ありがとう!

ribbon ekoさんへsign01
コメント有難う御座いますsign01
bud源氏物語に出て来る「夕顔」は今回の記事に出させていただいた「夕顔」そのものなのかなと思いますので、古への思いが一層強く感じられる素敵なお花ですね、初めて見た私ですので感動もののお花です。
bud 現在は「ユウガオ」と言うと お寿司「のり巻き」の中に入れる「かんぴょう」と採る植物を指すのだそうで、今回のお花は大きな意味では「ゆうがお」間違いないのですが、呼び方は「ヨルガオ」と呼ぶ方が通りが良いのだそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無くなってた! | トップページ | その後、今は! »