« 観察の森⑤ | トップページ | 鎌ケ谷絵画サークル合同展 »

2016年9月19日 (月)

異国を走った蒸気機関車

昭和10年、日本生まれ

旧満州を走った機関車があると

散歩仲間が教えてくれたので行ってみた!

Img_2885_r

きらくやまふれあいの丘公園内に機関車がありました。

Img_2883_r

Img_2884_r

日本製とはいえ

結構

異国情緒をもった

ダイナミックな機関車だ!

Img_2888_r

Img_2894_r

Img_2895_r

Img_2904_r

Img_2905_r

軌道幅は広軌の様子

日本のJR線路幅より広い線路幅・・、

Img_2907_r

Img_2886_r

機関車の前に

旗のポールが3本あるので

ポールと機関車の間に立って

3枚連続写真を撮って繋げてみた(↓)が、うまく繋がらなかった!

Img_2899_rabcz

諸々のデーター(↓)。
Img_2889_r

昭和10年
日本製造で満州を走った機関車、

日本の
有志達の力添えがあって
いま
きらく山公園でその勇壮な姿を見せていてくれます。

参考資料(↓)
http://1000enpark.com/park/ibaraki/tsukubamirai/kirakuyama.html

カメラ:SX50 HS

« 観察の森⑤ | トップページ | 鎌ケ谷絵画サークル合同展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

広軌線路の方が重い荷物を運べると前にテレビで見た気がします。綺麗の保存されていますね。
立派でも現代にそぐわなくなった蒸気機関車、維持は大変でしょう。

どんぐりさん こんにちは。何時も有難うございます。

敬老の日 お彼岸と、9月も後半に入りますね。
昭和10年の機関車 堂々たるもんですね。
広大な満州の大陸を知ってた様子が偲ばれます。

「きらくやま駅」 「ふれあいの丘」素敵な施設があって楽しいですね。

ribbonkazuyoo60さんへsign01
コメント有難う御座いますnote
bud言われてみれば、おっしゃるとおりかもですね、線路の幅が広い分だけ踏ん張りもききますから その分 重い物も運べるのかもしれませんです。日本のJR在来線は狭軌ですが、新幹線は広軌ですのでやはり広軌の方が利点があるのでしょうね。
budこの機関車は使われなくなって そのまま異国でスクラップになる予定だったそうですが、日本の有志が資金を出し合って日本に里帰りさせたそうです。しかし露天展示なので大分 傷んでいましたので維持が大変なのかなと思いました。

ribbon ekoさんへsign01
コメント有難う御座いますnote
budekoさんの、知ってる「♪さらばシベリア鉄道」の歌、その鉄道ももしかしたら線路幅が広軌なのかもですね。この公園で実際に見る広軌は結構幅広い線路でした。なので日本製機関車とはいえ この機関車が走れたと仮定しても左右車輪幅が広いので通常の日本の線路では走れないのです。
bud昭和10年の干支は亥(い。いのしし)歳なので、この機関車 当時は異国で「猪突猛進」して働いたのでしょうね。そう思うと この機関車なんだか可愛らしく思えてきました。

どんぐりさん、こんにちは。
最初にメールで誕生日のお祝いの言葉有難う御座いましたheart04
パソコンを立ち上げるとまずメールをチェックするので
それは、facebookから友達ではない他の人のもメールが
送られてくるのでいらないのは削除したりするのでnotes
もう○○歳でも、趣味がカラオケで月に一度か二度カラオケに行って
歌い馴染みの人達と元気に明るく友達のようになりストレス解消に
クリニックの医師もどんどん行って歌は身体にいいですからね
と言われてます。

異国を走った、蒸気機関車ですかどんぐりさはよく見つけますねsign02
貴重ですね、本当にダイナミックな機関車ですねtrain
メールで誕生日メッセージ有難う御座いました.嬉しかったですchick

ribbon mi kkoさんへsign01
コメント有難う御座いますnote
bud確か、そうだったかなと思いましたが、間違ってなくてよかったです、素敵な一年になりますように!!! 
budmikkoさんは電子機器の扱いが上手なんですね!Face book もやってらっしゃるんですね、すごい!。ブログにBGMを付けたり、いつもすごいなと思っています。
budmikkoさんはカラオケも楽しんでおられるようで良いですね、おっしゃるように歌は健康にも良いと私も思っていますが、私は「ど音痴」なのでカラオケは全くダメで歌えずですのでmikkoさんが羨ましいです。
bud蒸気機関車は日本製造の機関車で昔 満州を走ったらしいですよ、使われなくなって日本に里帰りが出来たわけなので、機関車の雰囲気がダイナミックでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 観察の森⑤ | トップページ | 鎌ケ谷絵画サークル合同展 »