« 今日という日 | トップページ | 春分 »

2017年3月19日 (日)

筑波梅林

筑波山梅林!

見晴らしの天辺にある四阿(あずまや)からは

眼下に広がる筑波山の山肌をすそ野へと広がる梅、梅、梅・・・・、

(写真は、整理が遅れて少し前のとったもの・・、)

今現在は、
ピークを過ぎて下り八部 と聞きますが、
行った時の思い出の写真UPです。

Img_1541_r

Img_1502_r Img_1503_r

Img_1504_r Img_1509_r

Img_1512_r Img_1515_r Img_1527_r

Img_1542_r Img_1546_r

山肌の斜面には

大きな岩がごろごろ ごろごろ ・・・、

その合間から所狭しと

梅の木が花を咲かせてました。

Img_1553_r

Img_1576_r Img_1603_r

Img_1630_r Img_1610_r Img_1611_r

Img_1620_r

梅の薫りにつつまれて

心地よいひと時を写真に納めました。

家から1時間ほどで行かれる筑波山梅林です。

カメラ:SX50 nHS

« 今日という日 | トップページ | 春分 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

筑波山梅林、ブログでも何度か拝見します。すばらしい梅林です。
大きな岩が沢山、これも梅をより綺麗に見せてくれるような。綺麗にお撮りです。楽しませていただきました。

わ~~~春ですねえ
きっと良い香りがするんでしょうねえ
北海道もゆきどけすすんでます
でも梅が咲くにはアト1ヶ月半ほど待たねばなりません

遅れましたがお誕生日おめでとうございます!!
今年もよい年になりますように
健康に留意され元気に たつのこ山をたんけんしてください

先ずは3月のお誕生日おめでとう御座います。年齢は加算したくは無いものの、無事1年過ごせた事には安堵と感謝でしょうか?私事ながら2月始めに、久しぶり気管支炎風邪をひき、激しい咳が一カ月続く中、腰椎と胸椎のズレと骨折となり、咳が治まった今も、リハビリ通いです。久しぶりのブログ拝見で、めじろ、シジュウカラの観察、雪割りそう展の変わらぬ見事さ、特に、紫の雌しべの長い形と色には驚きました、丹精に育てている方々の愛情と,なみなみならぬ努力には敬服しますね。またどんぐりさんのお庭にも今も大事に守られて幸せなお花です。本当はかなり難しい山野草と聞いています、おおいぬのふぐりや、りゅうきんか等、色も鮮やかで、まだまだ風は冷たい中でも、着実に春は動いていますね、南側の土手にはタンポポも咲いています。まだ大事を取って、ウオーキングは控えていますが、少しずつ外出が出来るようになる日を楽しみにしています、また素敵なブログ期待しています。

綺麗ですねえ
岩がゴロゴロしているのが怖いけれど
歩いてみたいです。
うめの甘い香りが漂ってきました、
近づいたり
離れたりの
画像がとても素敵です(#^.^#)

ribbon kazuyoo60さんへsign01
コメント有難う御座いますnote
budかつて「筑波山」は人気薄い観光地(?)でしたが、日本の科学都市「筑波研究学園都市」が出来てから、そこから一足延ばせば行かれるところなので人気が増した筑波山(日本の百名山の一つ)です。昔、江戸からみて「西の富士、東の筑波」とうわれ代々信仰の山でもあるようです。
bud幸い家から1時間少々で行かれますので気が向くと出かける場所です。
bud大きな岩がごろごろした山でして結構迫力があるので、楽しい所で、斜面に足を取られないよう気を付けながら梅花を撮ってきたんですよ!

ribbon ソフィーさんへsign01
コメント有難う御座いますnote
bud一足先に春を感じ出してる当地ですが、今は梅がピークを過ぎてきたところです。
budそして今は雪柳、水仙、ハクモクレン、ブルーの小花「オオイヌノフグリ」などなど春の花があちこちで見かけるようになってきました。
・・・梅花はそろそろラストチャンスなので少し前ですが筑波山梅林まで行ってきたんですよ、本当なら水戸の偕楽園の梅も見たいのですが少し離れてるので近くの筑波梅林に行くことが多いです。
budバースデーメッセージ有難う! お陰様で無事 誕生日を迎えられて良かったですし、これからも医者から言われてる散歩(治療散歩)を続けられるようにと自身の管理をしっかりと思っています。

ribbon ふきのとう さんへsign01
コメント有難う御座いますnote
budあららッ! 祝いのメッセージありがとうです。歳を重ねるたびに気持ちは若いときのままだなと感じるのですが、なんとも体力がついてこないのが現状ですので、無理をせずスローライフで行きたいなと思っていますが、気が付くとせせこまと動いては「はぁ~」とため息をついてるこの頃なんですよ。お互いこの年になると回復力が遅くなりますので気を付けなくてはと思っています。
budこの地に腰を下ろして久しくなりますが、野鳥たちと出会うケースが多いのでたのしいです。特にこれから鶯は縄張り意識が高いので、口笛で「ホーホケキョ」って物まねすると、ここは俺の縄張りだから離れろと言わんばかりに、必死に泣き返す鶯ですので、これから鶯の声が聞こえると、私の口笛(ほーほけきょ)を吹いて鶯と遊べる季節の散歩が楽しいものです。
budふきのとう さん、この冬は大変でしたね、辛かったこととお察しもうします。陽気も良くなってきますので、もう大丈夫と思いますがお大事になさってくださいね。

ribbon まあちゃさんへsign01
コメント有難う御座いますnote
budこの頃は医者から言われてる散歩(治療散歩)で鍛えてる(???)ので、筑波山梅林の斜面も大丈夫になりましたが、初めて行った時は治療散歩もしてなかった時期だったので、この斜面に息が切れましたですよ。
budそれにしても大きな岩が所狭しとごろごろしてる斜面の山肌に梅が咲いてるので野性的な迫力があります。おっしゃるように梅花の香りに包まれての梅林はとても心地よい所でした。
budこの梅林から山頂へ行くと野性のカタクリが花を咲かせますのでその時期にはまた行きたいなと思っています。もちろん野性のカタクリの近くに「カタクリの里」があって手入れされたカタクリの群生地もあるので楽しさ倍増です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日という日 | トップページ | 春分 »