« 庭の花 | トップページ | 野鳥を少し »

2017年3月25日 (土)

祖先は一緒なの?

万作の花!
実に個性的な花だと思う・・、
開花時期は、 1/20 ~ 3/25頃。春に他の花に先駆けて咲くので
“ まず咲く花 ”
ということで、だんだんと “ まんさく ” になっていったらしい。
また
花がたくさんつくので「豊年満作」から命名されたとも。
bud分類:マンサク科マンサク属

Img_1539_r
Img_1540_r

「トサミズキ(土佐水木)」 ,
bud分類, マンサク科トサミズキ属 (落葉低木). 土佐だけに自生するミズキ。

Img_1736_r
Img_1739_r

こうして並べてみると
※マンサク  ⇒
分類:マンサク科マンサク属
※トサミズキ ⇒分類:マンサク科トサミズキ属

大きな意味で「マンサク」と「トサミズキ」って祖先は一緒なのかな!?

自然は
実に色々な姿のお花を作るのもだと思う。
もしかすると
自然って素晴らし想像力を持った芸術家なんだな、きっと!

カメラ:SX50 HS

« 庭の花 | トップページ | 野鳥を少し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

マンサクも土佐水木も綺麗に咲きました。
植物分類で、科と属がありますね。さて、元は一緒だったのかな?です。
単細胞から進化してきたのは間違いなくても、その辺りはどうなのでしょう。
形態的特徴で分類されてる?、完全な遺伝子レベルでの判別ではないと、今の状態では思っています。

ribbon kazuyoo60さんへsign01
コメント有難う御座いましたnote
budあらぁーーーッ! ご丁寧に、お花音痴の私にわかりやすく説明を下さって感謝です、ありがとう! 植物学的に同じ「科目」になったんでしょうね!kazuyoo60さんのコメントで そんなふうに思いました。
budおっしゃるようにDNAレベルでは別物かもですね!飛躍して考えれば太古の地球にて生物が生まれたころの遠い祖先の植物からの枝分かれての現在の「マンサク」と「トサミズキ」になったるのかもですね!。色々ありがとう!

まあ・・・(⌒∇⌒)っ

万作は、「まずさくはな」が
語源なんですか?
お勉強になりました、(#^.^#)

どんぐりさん こんにとは。いつも有難うございます。
3月も最後の日曜です。今日は曇天の大阪です。

「まんさく」の花・・・についての色々な事 よくわかりました。
「豊年だぁ~ 万作だぁ~」 はよく耳にしましたが、

まんさく と とさみずき 大写しで、よくわかりました。
両方覚えました。嬉しいです。(^^♪

ribbon まあちゃさんへsign01
コメント有難う御座いましたnote
bud私が初めて「まんさくの花」という言葉を目にしたのは、東北地方の酒蔵のお酒の商品名「まんさくの花」でして、なんて優し気な名前で美味しそうなお酒だなと思ったのが最初なんですよ! 
bud・・・で、その酒蔵の代表になる(花になる)ような酒であるよう期待して、その酒蔵が付けた名前かと思っていて「まんさく」って何やら幸福がいっぱいのイメージでいたんですが、ブログを始めてから「マンサクの花」って実在する花にビックリ仰天した私(それほどのお花音痴の私)ですし、今回検索すると「まず咲く花」が語源とかでまたもやビックリしてる私です。

ribbon ekoさんへsign01
コメント有難う御座いましたnote
bud月日の経つのは早いものですね! つい先日お正月を過ごし、節分だ桃の節句だなんて思ってましたら弥生3月もラストウイークになってしまいましたね!。なんだっけかな「春雨じゃ~ッ 濡れて行こう」なんて芝居のセリフがありましたが、そんな小粋な月も終わるので時間の流れは速いものです。
bud「マンサク」の由来はおっしゃる「豊年じゃ万作だ」のほうが私は好きですが、「まず咲く花」など色々な解釈があるものですね!。 ・・・今回「トサミズキ」をPCで検索していて「マンサク」とも少し関連性があるのかなと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭の花 | トップページ | 野鳥を少し »