« 牛久観光アヤメ園 | トップページ | フォルクローレの魅力 »

2017年6月18日 (日)

テープステレオ

昔、録音したテープが出てきました!

品番「スコッチ202」のサイズ5号テープです。

5号テープは19cm/s(テープを毎秒19cm進める速さ)で30分録音可能です。

(写真ボケましたが・・、)
フランク永井さんの歌 9曲が入ってました。

Img_0198_r

開けて見ると
テープの保存状態も良い(
ひどい場合はテープがワカメみたく グチャてる)。

Img_0202_r

早速、デッキに掛けて
テープから出てきた音が、
とても のびやかで艶やか音・・・、


Img_0188_r

考えて思い出してみると
昭和38年~40年頃のものなので
当時は真空管アンプでレコードを再生した、その音だ!
懐かしい
艶やかな音。
そんなに豪華なオーディオじゃなかったけれど
noteプレーヤーはパイオニアPL-6A 、
noteアンプはトリオW-39アンプ(出力真空管は6BM 8 プッシュプル)
noteテープデッキはソニー TC 355
・・・と記憶してますが今はもう処分して我が家にはありません。

・・・その後の1970年代オーディオアンプをいまでも使ってるんです。
(↓)写真のオーディオスコープ、CD録音デッキ、シーイコライザーは順次買い足したものです

Img_0193_r

Img_0196_r

あっと言う間の30分でしたが
懐かし音質で
心地よい30分を過ごせました。

写真のテープデッキ(ティアック A-3300SX ) がいつまでもつかご老体なので
同時に
CDに録音して今後に備えました。

あぁ~! 懐かし音質に楽しかった!!

カメラ:S5 IS

« 牛久観光アヤメ園 | トップページ | フォルクローレの魅力 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

フランク永井の低音のあの声が
聞こえてきました、
主人が良く歌っていたんです。

「おまえに」をよく歌っていて、
失語症になったときに会社の方が
お見舞いに来たときに
病院の廊下皆さんがで歌ったら
主人が歌い始めた・・
失語症でも歌は歌えるんだと・・・
大泣きしたこと思いだしました

それにしてもすごい機器ですねえ

プロの方が使われていた道具では?。いろいろお持ちですね。
上下音域をカットしたものよりアナログの良さは~、と聞きます。体に響くでしょう。

soccerいいですね!!
テープデッキもフランク永井も大好きです。

アナログ音源の花形だったLPレコードを、いつかまたプレーヤーを入手して聴いてみよう、と長い間考えていたのですが、ちゃんとしたプレーヤーも、それからそれに付けるカートリッジも揃える気が失せて行きつつあります。まあ、録音は新しいほど素晴らしい、という実感を持っていますので、やはりLPは手放す方向なのかなあ、なんて思い悩んでいます ^O^)/

ribbon まあちゃさんへsign01
コメントありがとうございますnote
bud今ではネットの「Tube」にて検索すると、色々な古い曲が聴けるのですが、聴き比べると やはりレコードからダイレクトに録音したテープの音はダイナミックレンジも豊かですし、まして今回はイコラーザーアンプ(レコードからの微弱な音をフラットな音に修正し少し音電流を増幅するアンプ部)が真空管での再生を録音してましたので音に潤いが感じられてとても良かったです。

ribbon kazuyoo60さんへsign01
コメントありがとうございますnote
bud趣味でのオーディオ機器も私のは初心者入門機器なので本格的なオーディオをお持ちの方からみれば、私のはラジカセみたいなものなんですよ! それでも私にとっては大切な機器なので大事に使っています。おっしゃるように 今のCDへの録音は上下周波数をカットしての録音ですが、アナログレコードはその辺、カットせずに録音と聞いています。

ribbon takacciさんへsign01
コメントありがとうございますnote
budおっしゃるとうりでして、最近の録音技術は素晴らしいものがあって、メリハリのある音で録音されていますね、その辺 私も同感です。しかし少し少し残念なのは 自然な演奏音より スパイスが効いた音なのかなと思いますので、昔の録音は今の録音と比べると物足りなさもありますが、楽器や歌声はナチュラルな点から聞くとなかなか捨てたもんじゃないと私は思っています。
bud写真のテープデッキも、レコードプレイヤー(サンスイ SR-525)も修理してますので暫くは使えそうですし、カートリッジ5本はレコード音質によって取り替えて楽しく聴いています。
・・・takacciさんLPレコードお持ちならば手放さない方が良いと私は思います、ご存じの様に一部ではレコードも復活の兆しありですし、プレーヤーもPCにダイレクトにつないで聴けるタイプもあると聞いたことがあります。

テープデッキもフランク永井も懐かしいです。
私も、テープデッキや蓄音機、ステレオプレヤー、8トラカラオケ、ファミコン等、古いものを蓄えてました。
しかし、9年前、家の全面リフォームしたときに、壊れてないのに全部処分しちゃって・・・。
レコード盤だけは、捨てられずに少し残しています。

ribbon べるちゃんさんへsign01
コメントありがとうございますnote
budわぉ! つい数年前まではテープデッキや蓄音機、ステレオプレヤー、8トラカラオケ、ファミコン等、があったんですね! 何か嬉しくなるお言葉です。
・・・私の場合は8トラテープデッキと8トラテープ、そしてファミコンなどを処分しちゃいましたが、他は現役で使ってるんですよ、今 一番古いのはトリオ(現在、ケンウッド)のアンプKA2600、チュナーKT3000。ソニーデッキTC6360とTC2510SD,そして サンスイレコードプレーヤーSR525、写真のティアックデッキなどが1970年代ものをいまでも・・。
budレコード盤は少々カビが入っても、変形が無ければ使用可能なので大切にされて下さいね。今現在のCDは経年変化で劣化すると聞きますのでレコード盤のように永久保存は難儀なのと思っていますのでレコード盤 は大切にされて下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 牛久観光アヤメ園 | トップページ | フォルクローレの魅力 »