« テープステレオ | トップページ | たまげた! »

2017年6月19日 (月)

フォルクローレの魅力

南米音楽の代表格

アンデスの山々の
風の流れにのって聞こえてくる「フォルクローレ」のリズム。

日本人の何かにつながるものを感じる素敵な音楽で、

近くで小規模ですが演奏会があるとお誘いがあって行ってみました。

Img_5848_ra
(↑)私事都合でぼかしましたが・・・、
大谷石で造られた蔵のなかでの演奏会!

Img_5851_r

蔵の内壁は大谷石の壁手前にご覧の木格子枠があって
音楽には好条件な壁かもです。

Img_5852_r

楽器は
Img_5871_r

Img_5872_r

Img_5875_r
Img_5870_r

演奏する方々はバンド名 「サンパワイラ」の皆さんで・・、

曲目は、花まつり、コンドルは飛んでいく など10曲の演奏でした!

Img_5863_r Img_5914_r

Img_5927_r Img_5890_r

Img_5886_r

一旦、録音記録した音楽をスピーカーから聞く音楽と違って

生で演奏して楽器から奏でる音楽は

本当に心地よいものですし、

曲間では
観客と演奏者が言葉を交わしながら・・、

演奏が始まると
じっと聞き入る生演奏音楽・・、

本当に楽しいものでした!

サンパワイラのみなさん、そして企画立ち上げ 及び準備の皆さん、
・・・ご尽力を頂いたみなさんに感謝です、楽しいひと時をありがとう!

カメラ:SX50 HS [写真撮影とブログUP、OKを頂いています]

« テープステレオ | トップページ | たまげた! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

鳥と風の音、そんな印象のフォルクローレです。
自然の素材からですもの。服の色合いもアンデスですね。
良いお時間を、有り難いことでしたね。

「コンドルは飛んでいく」好きな曲です。
こんな音響効果抜群の建物の中で、ことさら染み入るでしょうね(*´ー`*人)♪
なにより、息遣いも聞こえる空間でというのが、体中に響き渡る感じです。
いい時間を過ごされました。

↓でも、懐かしの音源を聴かれたのこと。
カセットテープ⇒MD⇒CDとどんどん変わってしまうので、カセットテープの方はあらかた処分してしまいました。
とっとけばよかったわ~。レコードも捨てちゃったしね~┐('~`;)┌

ribbon kazuyoo60さんへsign01
コメント有難う御座いますnote
budおっしゃるとおりでして、フォルクローレの縦笛は日本の尺八と一緒で竹を切って穴を開けただけの笛で、音を出すまでに大変だと言ってましたし、細い筒が並んだ独特の笛は、葦を乾燥させて切ったものだそうです。使う楽器の説明や実際に触らせてくれたり楽しいひと時でしたし、フォルクローレの音楽をじかに聴けて良かったです。

ribbon ちえこさんへsign01
コメント有難う御座いますnote
budおっしゃるとおりでして、生で聴く音楽は耳で聞くいがいに身体でも聞くのでしょうか肌を音楽が撫でるのでしょうか、音楽につつまれる雰囲気は生音楽独特の素晴らしさがありますね! 今回もそれに漏れることなく音楽と言うゆりかごに揺られて満足のひと時でした。
budそうなんですよ! テープが出てきて聞いてみたのですが何処かつややかで心地よいのびやかな潤いがあってなんだろうなと考えましたら、真空管アンプでの音を録音したテープだったので納得したんです。私の場合はLPレコード、オープンテープ、カセットテープ、MD、CDなどまだ健在でして今でも家で使ってるんですよ。ただし今のハイテクのメモリーチップとかUSBとかの固定記録装置は家では使えなくて、車用でしてPCからメモリーチップ録音して車のナビに入れて、ナビの地図画面に音楽の題名など表示してのカーオディオを車中で楽しんでます。

コンドルは飛んでいく・・・大好きです。
心がゆったりしていきますよね
あるコンサートで、コンドルは・・・を
聴きながら涙が止めどなく流れたんです。
その時、
私が泣いてるんじゃない楽器が泣いているんだと
変な感覚を覚えたことがあったんです。(#^.^#)

コンドルは・・の曲名で思いだしました。

蔵の中の演奏っていいですね。
私の街ても「蔵」という場所があって
よく演奏されるみたいです。

ribbon まあちゃさんへsign01
コメントありがとうございますnote
budサイモンとガーファンクルの「♪コンドルは飛んでいく」でフォルクローレって脚光をあびるようになったのかなと思っています。フォルクローレは好きなリズムの一つですが考えてみると この手のレーコードとかCDって持ってなかった!初めに買ったLPはS38/7 にアルゼンチンタンゴ、その後インストルメンタル軽音楽、ラテン、などなど・・、クラシックも少々です。まあちゃさんは音楽鑑賞にて、その演奏の感性にふれることができるんですね、素晴らし繊細は感情を持ち合わせてるのは羨ましく思います。
bud今までに何度かクラシックや軽音楽など演奏会に行きましたがいずれも大ホールでの演奏でした。今回は演奏者の息遣いも伝わってくる小さな空間での演奏とトークが本当に楽しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テープステレオ | トップページ | たまげた! »