« いよいよ田に水が入りました! | トップページ | 牡丹 »

2019年5月 8日 (水)

自然の中での “藤”

田んぼの向こうの小山に

“藤の花” を

見かけたのでズームして見た!

Img_2550a_r_1

Img_2552a_r

Img_2551a_r

Img_2553a_r

Img_2554a_r

立木の幹や枝を伝わって

伸びて 何処までも

高い所まで伸びて

藤の花は咲く!

これが

本来自然の中での “藤” の生活スタイルなのかも知れません。

一般的には

花園で藤棚に絡まって “藤の花” の立派で見事な姿を観るが

自然の立木の枝の合間から咲く “藤” も

なかなか

いいもんだと思う!

カメラ:X9・ZH

« いよいよ田に水が入りました! | トップページ | 牡丹 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野生の藤の綺麗さは格別でしょう。盆栽の藤も見事なのを見たことがありますが。
かなり高い木の上の方まで登ってるのを見ましたが、藤が巻いて締め付けて枯れさせることも、何かで読みました。

※ kazuyoo60さんへ!
コメントありがとうございました。
①言われてみれば「野生の藤」ですよね! 。私の言い方「自然の中の藤」って言う言い方はややこしかったですね!失礼いたしました!!。 ・・で「藤」ってこんなふうに傍にある樹木を絡みながらよじ登って高い所で咲くんですね! 香りのある藤の花の事です、昆虫たちが花蜜など吸いに来ること必至ですね! 花粉を昆虫たちに運んでもらって藤の勢力を広げる賢い戦略なのかなと思います。 
②そうですか、藤に締め付けられた樹木が枯れることもあるなんて植物の間でもそれぞれ生きるのに必死なんですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いよいよ田に水が入りました! | トップページ | 牡丹 »