« 小満 | トップページ | ダイアモンドたつのこ山 »

2019年5月22日 (水)

ジュウヤク(十薬)ほか・・、

ジュウヤク(十薬)!?

一般的には「ドクダミ」と呼ばれてるのはご存じ・・。

時には変わった呼び方も良いかなと

「十薬」と題してみましたが、

でもなじみがない呼び方なので

「ドクダミ」の方が良いですね!

この草が顔を出しはじめると元気 はつらつ季節で

初夏の雰囲気も感じ始めるこの頃・・!

Img_4752_r

Img_4751_r
このドクダミは、
ご存じの様に中心の棒状についてる
黄色い点々一つ一つが花で、白い花びらに思えるのが包(ホウ)で花蕾を包んで大きくなって包を開いて花を咲かせる不思議なスタイルを持っている植物「ドクダミ」です。
Img_1589_ra
このドクダミの “葉” を
十分に陰干しすることで 匂いは全くなくなるそうで、
そのような状態のものが漢方薬で用いられる「十薬」なのだそうです。

ドクダミの下から
カナヘビ? が顔を出してくれました!

Img_4757_r
尻尾が途中から色模様が無く尻尾切れて
あとから伸びてきた尻尾かも!

Img_4758_r

Img_4759_r
今まで褐色のカナヘビは観てますが縞模様は初めてです!

傍にある柘植(ツゲ)の木も沢山の蕾を付けてますので開花が楽しみ!
(10円玉と比してね! とても小さな花が開くんですよ!)
Img_4765_r

ドクダミやら

小さな生き物やら

メチャ小さな蕾やら

はつらつした季節

いろいろと

活気を感じる季節ですね。

カメラ:SX 50HS
カメラ:X9 (上から3枚目文字入り写真、蔵出し)

« 小満 | トップページ | ダイアモンドたつのこ山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ドクダミの花が可愛いです。が、狭いのでずっと引いています。残ったところで花が咲く予定です。
ニホントカゲにはぬめった光が有ると思っています。
https://www.insects.jp/kon-tokagenihon.htm
お写真の個体はカナヘビの頭に見えますが、この配色は初めてです。
次のサイト1本だけ白の線が入っています。検索しましたが同じのは出て来ません。
http://baikada.com/Wildlog/archives/13440
我が家のツゲの花に、西洋ミツバチが来ていました。

※ kazuyoo60さんへ!
コメント有難う御座います。
①ドクダミは香りもきつく 一般的には嫌われるお花なのかなと思いっていますが、ようく見るとkazuyoo60さんおっしゃる様に素敵な花なのかなと思う私です。でもねッ!おっしゃるように 厄介な草であることも否定できませんですね!しかし可愛い花です。
②トカゲ?カナヘビ? 二種の中でも多種多様な個体があるのかなと感心いたしました。実際に見る写真のカナヘビは まだ小さく子供のように見受けられましたので、大人サイズまで大きくなったらどんな色合いになるのか、その時に写真のカナヘビに いつの日か 出合えればいいなと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小満 | トップページ | ダイアモンドたつのこ山 »