日記・コラム・つぶやき

2017年9月22日 (金)

里の秋

茨城県 行方(ナメカタ)市に佇む

「西蓮寺の彼岸花」は県内ではそこそこ有名な所・・・、

そこに隣接する

里山は今 「稲刈りと彼岸花」が秋の季節を素敵に醸しています。

人 それぞれの心の中に映る

里山の秋風景には及びませんが、

そんな

心休まる何かを感じて頂けたらな幸いに思います。

Img_1553_r

Img_1548_r

Img_1555_r

Img_1547_r

Img_1576_r

Img_1536_r

Img_1544_r

Img_1578_r

Img_1534_r

Img_1507_r

(↓)以下2枚は西蓮寺 境内裏庭の彼岸花。
Img_1503_r

Img_1586_r

暑い 暑い と 思っていたが

気が付けば

いつの間に 秋 真っ盛り、

これから先は

朝晩 本格的に涼しくも冷える日もでてくるだろう

今は秋の入り口・・・、

カメラ:SX・・ 

2017年9月21日 (木)

秋の気配

私の息抜きの場所でもあり、

散歩のコースでもある「たつのこ山」も

秋の装いを始めた・・・、

bud桜の葉も紅化粧・・、
Img_1217_r

bud誰も採らないけれど「ギンナン」が鈴なり・・、
Img_1229_r
Img_1230_r

budまだ青いけれど「ドングリ」も・・、
Img_1235_r Img_1236_r
(↑)「樫のドングリ」のようです!
今回もブログ友『
gardening 2 さん』のコメントにて判りました!
kazuyoo60さん有難う御座います。

bud「クヌギのドングリ」は、まん丸ドングリ。
Img_1238_r Img_1239_r

budハゼの実(和ろうそくの原料になるとか!)
Img_1220_r

同じ場所(たつのこ山)の景色は変わらんけれど・・・

気が付けば

季節ごとの装いをする変化も また楽し・・・、

カメラ:SX・・

2017年9月20日 (水)

結縁寺と彼岸花

千葉県印西市にある

結縁寺(ケチエンジ)は、

里山百景にも選ばれた田園風景の一角に佇む お寺さんと聞く ・・・、

檀家さん達が環境整備に熱心なのか

いつ訪問しても

きちんと整備されていて気持良い環境にある。

ブログ交流のある「花ぐるまさん」

そのブログにもUPされる「結縁寺の彼岸花」は

この時期訪問される

写真愛好家も少なくはない素敵な所・・、

Img_1330_r

参道には

お参りされる方々を

導くがごとき

彼岸花が咲き連ねる・・、

Img_1287c_r

正面向かって右側にある蓮池には

あの黄色いお花「コウホネ(河骨)」も

花を咲かせる・・・、

Img_1302_r_2

Img_1313_r
Img_1311_r
先日も書きましたが・・・、
小ぶなとる
わらはべ去りて 門川の
河骨の花に 目高群れつつ

・・・と、正岡子規も詩を読んでいます。

参道手前は

溜池、その先は 一面の稲作田んぼが 

はるか先まで

田園風景を長く 延ばし 里山といっても過言ではない素敵な場所。

Img_1335_r

Img_1328_r

お地蔵さんも

彼岸の時期に嬉しそうに佇みます・・、

Img_1369_r

Img_1362_r

アゲハ蝶も舞う

素敵なスポット「結縁寺」・・・、

Img_1315_r

結縁寺の ご本尊様は不動明王。

酉年の守り本尊「不動明王」

今年はおりしも

酉年。

その為か

ことのほか輝いている結縁寺のように見受けられました。

Img_1289_r_2

カメラ:SX・・、

2017年9月19日 (火)

燧ヶ池 「古木と彼岸花」

筑波山のふところ

燧ヶ池(ヒウチガイケ)に

300年からの古木「榎」と「彼岸花」があると聞いて行ってみた!

細い細い 農道あぜ道を暫く 行くと

筑波山の手前、土手(写真右手)にその古木が見えてきた・・、

対面車が来たら交わせない あぜ道なので ひやひや気分。

Img_1139_r

私は初めての訪問、

写真愛好家の間では知る人ぞ知る場所らしい・・、

Img_1115_r

Img_1195_r

Img_1197_r

Img_1114_r

期待してなかったゆえ

年を重ねた榎の大木、その貫禄に度肝を抜かれた。

農作業をされてた方に

聞きましたら

もうじき彼岸花で土手が染まるので

土手の雑草を刈ったと言ってました。

地元の方々に

愛されて敬われているのだろう、

榎の大木は

代々

田の豊作を見守ってきたからかも・・・、

Img_1199_r

Img_1191_r

稲刈りが行われる頃

大木「榎」の周囲も草刈りされて

翁のような古木「榎」も微笑んでるように思える・・、

Img_1180_r_2

Img_1108_r_14

Img_1179_r

田園風景のなか

榎が佇み

その反対側が、燧ヶ池(↓)から筑波を望む・・、

Img_1189_r

車の止め場所は無しです。

農道も、あぜ道も 細くて

車は交わせないので 場合によっては

走りながら観るだけの事もあるかもです。

それでも

十二分に素敵な所でした。


後になりましたが、
農作業をされてる方に許可をもらって
一部、あぜ道からの撮影ですしたし、
そのご好意と草刈りに感謝のお礼を伝えての帰宅です。

カメラ:SX・・

2017年9月15日 (金)

蕎麦畑

そろそろ

秋の新蕎麦が待ち遠しい季節になってきた。

秋もたけなわの頃になると新蕎麦が出回り始める!

そのころに
「もり蕎麦」が一番おいしい季節になります。

今はまだ畑の中で花咲いている・・・、

Img_0935_r_13

Img_0936_r Img_0937_r Img_0939_r

Img_0940_r

味覚の秋

空がきれいな秋

落ち葉が綺麗な秋

いろいろ自然の営みが目に見える秋

秋って

素晴らしい・・・、

カメラ:SX・・、

2017年9月13日 (水)

秋の中へと・・・、

昨 9月12日

この日は朝から風と雨・・・、

ひるごろから雨は上がり

夕刻手前頃から陽が差し出したので

「たつのこ山」へ 治療散歩!

季節を告げるお花

「彼岸花」が咲き出してる!

Img_0872_r

彼岸花

見方によっては淋しくもあり、

見方によっては情熱的にも見える、

そんな両面を秘めた

不思議な花、彼岸花。

今年はどんな景色の中で咲いてるのかな?

それぞれ

懸命に咲く 彼岸花

今年の彼岸花

どの花も私と一期一会

出逢えてよかった・・・、

夕陽が隠れると

彼岸花を染める夕焼けが久々に

私の頬をも染める、

Img_0931_rabcz

秋へと

移り行く 季節の中で ・・・。

カメラ:SX50 HS

2017年9月10日 (日)

秋晴れ

昨日(9/09)は

素敵な秋晴れになりました!

Img_0586_ra

そろそろ

ススキが似合う季節になってきて

気が付けば

太陽の日差しが心地よく

朝晩は

もう夏の気配は感じられない・・、

Img_0756_r

私の散歩コース「たつのこ山」の山肌に

夕暮れが

“ ねこじゃらし ” をゆらゆら揺らす風情は

秋のゆりかご・・、

同じことを

繰返しながら

こうして

秋は存在感を色濃く して行く のだろうなこの頃・・・、

カメラ:SX50 HS

2017年8月31日 (木)

電気は30万km/S の速さ

電気の伝わる速さ

秒速30万km(1秒間に地球7周半)。

近くの電柱が

2011年(H23年)3月11日

あの311震災で ゆらゆら揺らがって少し傾いた気がする・・・、

その年6月、その電柱の トランス交換にきたスタッフさんに

電柱傾きを伝えたが トランス交換のみで終わりでしたし、

帰り際にスタッフさんは

担当部署が違うので直接 東電 に言ってくださいと

言いおいて帰って行った。

民間会社ではありえない言葉に驚きました。

Img_1981

updownH23年6月の写真3枚。

Img_1987

(↓)ねッ! どう見ても傾いてるでしょ!

Img_1988

ご近所さんも、電力会社になんども連絡したと聞きますし、

私も機会がある度 電力関係者に電柱の傾き伝えましたが。

311震災から

6年経った今月22日にやっと

真直ぐ電柱を建てた

Img_0266_r_2

電線の移設はまだですが、一安心です。

傾いてる電柱の根元(↓)
Img_0557_r30

ねッ、すごいでしょ! これじゃ不安でしたが、

やっと重い腰をあげた東京電力です。

取り扱う「電気」の速さは、ものすごい速さ 30万km/S なのに

工事着手まで6年5ヶ月。

でも考えれば

福島の原発の難問題で手が回らなかったのかも・・・、

ここに来て腰を上げてくれてので

工事の遅さ

あまり攻めてはいけないかも!

カメラ:S5 IS   (写真・上3枚 H23年6月撮影)
カメラ:SX50 HS(写真・下2枚 H29年8月撮影)

2017年8月24日 (木)

水時計

私の散歩(治療散歩)コース「たつのこ山」のすそ野に水時計がある・・、

Img_0160_r

四角く囲まれたところ(各々柱の上部)から水が落ちる。

真上から見た「四角い時計」を想像していただきたい、

で、

長針短針の指す文字盤に当たる部分から水が落ちるという訳です。

実際に現場で見ないと理解しにくいですが

なにしろ

上から水がちょろちょろ落ちるんです。

水面の深さは15~20cmほどの浅いプール。

Img_0239_r

このところ日が詰まってきて日の入りが6時20分頃、

暗くなると灯りが点きますが

夏休みと相まって

お子達(幼児)の格好の遊び場です。

ご覧のように

夕暮れになっても

この暑さで お子達は水遊びが楽しそう!

ただそれだけですが

年に一度ぐらい

ドジョウなど入れてお子達のつかみ取りなんてやったら

もっと

楽しいだろなと思いましたが・・・、

カメラ:SX50 HS

2017年8月18日 (金)

百日紅の花

百日紅(サルスベリ)の花。

昔、初めて聞いたとき

「百日紅」と書いて「サルスベリ」って読むのが不思議でした。

一説に

サルスベリの赤い花は100日もの間 長く咲いてる というイメージから

この漢字が充てられたとか!?

実際は

100日も咲いてるわけじゃないでしょうが

実に、花の寿命は長いと私も思っている。

能書きは このくらいにして

たつのこ山のすそ野で今、サルスベリの花が咲いています。

Img_0146_r

Img_0148_r

Img_0150_r

Img_0151_r

Img_0158_r

花色は
「赤」・「淡いピンク」・「ピンク」 の三色が目を楽しませてくれます。

ちょっと見て

全体の花の盛りはピークを過ぎた感がありますが

まだまだ楽しめそう! 何しろ「百・日・紅」と漢字を充ててるので・・・、

・・で、サルスベリの咲くすそ野は

「たつのこ山」野外ステージ広場に咲いています、

Img_0159_r

今月は

1日cloudrain、2日cloud、3日cloud、4日cloud、5日cloud、6日cloudsun、7日cloudrain8日cloud

9日sun、10日cloudrain11日cloudsunrain、12日rainsun13日sun、14日cloud、15日rain

16日raincloud、17日cloudsun・・・気温も全般的に低めで野菜がピンチです・・・。

天候もすぐれなかったのですが

久々に薄晴(8/17)になったので「たつのこ山」行ってみました。

カメラ:SX50 HS

より以前の記事一覧