音楽

2017年6月19日 (月)

フォルクローレの魅力

南米音楽の代表格

アンデスの山々の
風の流れにのって聞こえてくる「フォルクローレ」のリズム。

日本人の何かにつながるものを感じる素敵な音楽で、

近くで小規模ですが演奏会があるとお誘いがあって行ってみました。

Img_5848_ra
(↑)私事都合でぼかしましたが・・・、
大谷石で造られた蔵のなかでの演奏会!

Img_5851_r

蔵の内壁は大谷石の壁手前にご覧の木格子枠があって
音楽には好条件な壁かもです。

Img_5852_r

楽器は
Img_5871_r

Img_5872_r

Img_5875_r
Img_5870_r

演奏する方々はバンド名 「サンパワイラ」の皆さんで・・、

曲目は、花まつり、コンドルは飛んでいく など10曲の演奏でした!

Img_5863_r Img_5914_r

Img_5927_r Img_5890_r

Img_5886_r

一旦、録音記録した音楽をスピーカーから聞く音楽と違って

生で演奏して楽器から奏でる音楽は

本当に心地よいものですし、

曲間では
観客と演奏者が言葉を交わしながら・・、

演奏が始まると
じっと聞き入る生演奏音楽・・、

本当に楽しいものでした!

サンパワイラのみなさん、そして企画立ち上げ 及び準備の皆さん、
・・・ご尽力を頂いたみなさんに感謝です、楽しいひと時をありがとう!

カメラ:SX50 HS [写真撮影とブログUP、OKを頂いています]